このページの先頭です
このページの本文へ移動

障がい者福祉施設職員(指定管理者職員)の新型コロナウイルス感染症陽性者の発生について(令和4年2月13日)

更新日:2022年2月13日

 障がい者福祉施設職員(指定管理者職員)が新型コロナウイルス感染症の陽性者として確認されました。当該職員に係る状況等については、以下のとおりです。
 職員については、これまでもマスクの着用や手洗いの徹底、3密の回避、体調不良の際の慎重な行動など「新しい生活様式」に基づく感染防止対策を徹底してきたところです。再度、職員一人ひとりが「うつらない」、「うつさない」ための意識ある行動を徹底してまいります。
 感染した職員やその家族、医療従事者等への差別や偏見は、絶対にしないようお願いいたします。

令和4年2月13日

当該職員について

50代 女性職員

経過等について

2月12日(土曜日)陽性判明
当該職員は、2月12日(土曜日)以降出勤していません。
職場内に濃厚接触者はいません。

職場の対応について

1.2月12日(土曜日)に施設内すべてにおいて消毒等の感染拡大予防対策を行いました。
2.当該施設は2月14日(月曜日)は休所とし、2月15日(火曜日)より通常の業務を行います。

お問い合わせ

福祉部 福祉課 障害福祉係 電話:0267-62-3147

お問い合わせ

福祉部 福祉課
電話:0267-62-2919(地域福祉係)、0267-62-3147(障害福祉係・療育支援係)、0267-62-2914(保護係)、0267-58-1011(療育支援センター)、0267-64-0212(障害者自立生活支援センター)
ファックス:0267-62-2172

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ