このページの先頭です
このページの本文へ移動

浅間山火山ハザードマップ住民説明会を開催しました

更新日:2018年11月30日

浅間山火山ハザードマップ住民説明会を開催しました

浅間山火山防災協議会では、過去に発生した大規模噴火と同等の噴火に備え、避難計画等の策定を進めるため、大規模噴火を想定した浅間山火山ハザードマップの作成に取り組み、平成30年3月に完成、発表しました。
この作成したハザードマップについて、下記の日程で住民説明会を開催しました。

  • 浅間山火山ハザードマップについては新規ウインドウで開きます。こちらをご覧ください。

日時

平成30年11月18日(日曜) 午前10時~

会場

佐久平交流センター ホール

浅間山火山防災協議会とは

活動火山対策特別措置法に基づいて、浅間山周辺市町村(長野県側:佐久市、小諸市、軽井沢町、御代田町,群馬県側:長野原町、嬬恋村)や長野県、群馬県、国等防災関係機関、火山専門家等で構成された協議会です。

火山ハザードマップとは

想定される噴火現象の影響が及ぶ可能性のある範囲を、一定の条件に基づいて図示したマップのことです。

その他

説明会では、浅間山火山防災協議会構成員の、東京大学名誉教授である荒牧重雄氏にもご参加いただきました。

お問い合わせ

総務部 危機管理課
電話:0267-62-3008(危機管理係)、0267-64-4119(消防団係)
ファックス:0267-63-1680(危機管理係)、0267-64-4120(消防団係)

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ