このページの先頭です
このページの本文へ移動

令和元年東日本台風(台風第19号)災害における「災害復旧工事マネジメント業務」について

更新日:2020年3月11日

佐久市では、令和元年東日本台風(台風第19号)による甚大な被害を踏まえ、災害復旧を中心とした復旧・復興まちづくりの円滑かつ速やかな実施のため、長野県、公益財団法人長野県建設技術センター及び独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)と4者での協定を本日付けで締結し、令和2年4月から「災害復旧工事マネジメント業務」を行います。

【災害復旧工事マネジメント業務の概要】

佐久地域における災害復旧工事の効率的、効果的な執行及び早期完了を目的として、発注者間や複合・重層的に発生する多種多様な復旧工事間を横断的に調整するため、次の業務を行います。
1発注者間の調整:発注者間調整会議の運営、発注者間の課題の調整及び解決など
2施工者間の調整:工事連絡調整会議の運営総括、施工者間の課題の調整及び解決など

災害復旧工事マネジメント業務イメージ(UR都市機構公表資料から抜粋)

ファイルダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建設部 土木課
電話:0267-62-3298
ファックス:0267-63-7750

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから
ページの先頭へ