このページの先頭です
このページの本文へ移動

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく新型コロナウイルス感染症佐久市対策本部を設置しました。

更新日:2020年5月15日

 国は令和2年4月7日に新型コロナウイルス感染症の感染が全国的かつ急速にまん延し、国民生活や経済に甚大な影響を及ぼす段階に入ったと判断し、緊急事態宣言を発令しました。
 これに伴い、市では新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて、市長を本部長とする新型コロナウイルス感染症佐久市対策本部を同日に設置しました。
 

  1. 設置日  令和2年4月7日
  2. 設置根拠 新型インフルエンザ等対策特別措置法 第34条
  3. 所管事務 市内の新型コロナウイルス感染症対策の総合的な推進
         ・新型コロナウイルス感染症の発生動向の把握
         ・市内における予防・まん延防止等の感染拡大抑制対策に関すること
         ・市内における適切な医療の提供に関すること
         ・市内発生時における社会機能維持に関すること
         ・市民に対する正確な情報の提供に関すること
         ・その他対策本部の設置目的を達成するために必要なこと

※任意で設置していた佐久市新型コロナウイルス感染症対策本部は、新型インフルエンザ等対策特別措置法第34条に規定する新型コロナウイルス感染症佐久市対策本部へ移行しました。

第3回【令和2年4月17日(金曜)18時~18時50分】

緊急事態宣言の区域変更に伴う市の対応の確認について

 ・第6回県対策本部会議資料の確認

小中学校の臨時休業(休校)の延長等について

 ・臨時休業(休校)の期日について5月6日まで延長とする。
 ・4月20日以降の時差登校(分散登校)は、感染予防や安全に十分配慮した 
  上で必要に応じ実施する。

児童館、保育所について

 ・県からの要請があった場合は臨時休館、臨時休園とする。
 ・県の要請により臨時休館、臨時休園とする場合は、医療従事者や
  社会機能維持のために就業継続が必要な者、ひとり親等で
  どうしても家庭で見ることができない状況にある児童及び園児について
  受け入れを検討する。
 ・職員、利用児童、園児が感染者または濃厚接触者となった場合は
  当該児童館、当該保育園を臨時休館、臨時休園とする。

市所有貸館(指定管理施設)について

 ・指定管理施設(温泉、道の駅等)の誘客施設は長野県の要請を受ける中に
  おいて5月6日まで休業とする。
 

第2回【令和2年4月13日(月曜)15時~16時32分】

社会教育施設、市所管貸館(指定管理施設含む)について

 ・公民館は4月15日~5月6日まで貸館中止とする。
 ・市所管貸館は4月15日~5月6日まで休館とする。
 ・市所有貸館(指定管理施設)は原則4月15日~5月6日まで休館とする。
 ・体育施設の屋内施設は4月15日~5月6日までは貸出中止とする。
 ・文化施設は4月15日~5月6日まで貸館中止とする。

第1回【令和2年4月8日(水曜)8時30分~9時05分】

4月7日開催された新型コロナウイルス感染症対策に係る知事と市長会との意見交換会についての報告

県対策本部の要請に沿った小中学校の臨時休業の実施について

 ・市内小中学校について4月13日午後~4月23日まで臨時休校を検討する。
 ・休校中の学習支援や登校日の設定について

小学校臨時休校中の児童館利用について

 ・どうしてもご家庭で見ることができない状況にあるお子さんを限定とする。

社会教育施設、市所管貸館(指定管理施設含む)について

 ・観覧系施設は4月8日~5月6日まで休館とする。
 ・4月8日~5月6日の期間中開催される事業主催者等に対して、再度開催の
  意思確認及び注意喚起を行う。

お問い合わせ

市民健康部 健康づくり推進課
電話:0267-62-3196(健診)、0267-62-3527(予防)、0267-62-3189(健康相談)、0267-63-3781(口腔歯科) 、0267-62-3524(医療政策)
ファックス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから
ページの先頭へ