このページの先頭です
このページの本文へ移動

新型コロナウィルス感染症についての受診の目安

更新日:2020年5月21日

市民の皆様へのお願い

新型コロナウイルスは、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、手洗いや咳エチケットなどが重要です。持病がある方やご高齢の方は、できるだけ人ごみの多い場所を避けるなど、より一層の注意が必要です。また、発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み、毎日体温を測り、記録をお願いします。

受診の目安(令和2年5月20日改訂)

新型コロナウイルス感染症ではないかとの不安をお持ちの方は、医療機関を受診する前に、必ず佐久保健所に御相談ください。受診について佐久保健所で調整を行います。お伺いした内容によっては、一般の医療機関への受診をお願いすることがあります。

  • 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

(1)息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
(2)重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

(3)上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

症状が4日以上続く場合は必ず御相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

  • 上の症状に至らない軽微な症状のみでも、ご相談いただくことができます。

(1)本感染症が疑われる方と接触した場合
(2)ご自身やご家族が2週間以内に県外に滞在歴がある場合
(3)嗅覚障害・味覚障害がある場合

妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに有症状者相談窓口へ御相談ください。

お子様をお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、有症状者相談窓口やかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

新型コロナウイルス感染症有症状者相談窓口

佐久保健所(佐久保健福祉事務所)
電話 0267-63-3164(24時間対応)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民健康部 健康づくり推進課
電話:0267-62-3196(健診)、0267-62-3527(予防)、0267-62-3189(健康相談)、0267-63-3781(口腔歯科) 、0267-62-3524(医療政策)
ファックス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから
ページの先頭へ