このページの先頭です
このページの本文へ移動

夏場の感染症対策について~熱中症に注意~

更新日:2020年6月23日

熱中症予防行動のポイント

今年は、これまでとは異なる生活環境下で夏を迎えましたが、一方で、例年以上に熱中症にも気をつけなければなりません。十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心掛けるようにしましょう。
マスクの着用およびエアコンの使用について、下記の点に注意して下さい。

マスクの着用について

○気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意です。マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあります。したがって、高温や多湿といった環境下でのマスクの着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、野外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずしましょう。
○マスクを着用する場合は、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をこころがけましょう。

エアコンの使用について

○一般的な家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気を行っていません。新型コロナウイルスを含む微粒子等を室外に排出するためには、冷房時でもこまめに換気を行い、部屋の空気を入れ替える必要があります。室内温度が大きくあがらないように注意しながら、定期的な換気を行いましょう。

日頃の健康管理について

○日ごろの体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけではなく、熱中症を予防する上でも有効です。また、体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

○3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障がい者への目配り、声掛けをするようにしましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民健康部 健康づくり推進課
電話:0267-62-3196(健診)、0267-62-3527(予防)、0267-62-3189(健康相談)、0267-63-3781(口腔歯科) 、0267-62-3524(医療政策)
ファックス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから
ページの先頭へ