このページの先頭です
このページの本文へ移動

生後6か月から4歳までの乳幼児の新型コロナワクチン接種について

更新日:2023年1月27日

乳幼児用コロナワクチン
令和5年4月1日以降の接種につきましては、国からの方針が決定次第お知らせします。

オミクロン株流行下で小児の重症者数が増加傾向にあることを踏まえ、ワクチン接種による発症予防効果等があることから、令和4年10月24日付けで、関係法令等の改正により、乳幼児の初回接種(1~3回目)が可能となりました。

ワクチン接種はあくまで任意です。感染症予防等の効果と副反応のリスクの双方について正しい知識をもっていただいた上で、ご本人および保護者の方の意思に基づき、接種をご判断ください。周りの方に接種を強要したり、接種していない方に対し差別的な対応をすることがないようお願いします。

接種回数・接種間隔

3回(3回1セット)です。
  1回目接種から3週間の間隔をおいて2回目接種を受け、2回目接種から8週間の間隔をおいて3回目接種を受けます。 
  ・1回目接種時に4歳だった方が2回目の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合、2・3回目接種にも生後6か月~4歳用のワクチンを使用します。
  ・1・2回目接種時に4歳だった方が3回目の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合、3回目接種にも生後6か月~4歳用のワクチンを使用します。

お問い合わせ

市民健康部 健康づくり推進課
電話:0267-62-3196(健診)、0267-62-3527(予防)、0267-62-3189(健康相談)、0267-63-3781(口腔歯科) 、0267-62-3524(医療政策)
ファックス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから
ページの先頭へ