このページの先頭です
このページの本文へ移動

新型コロナワクチン 高齢者施設・居宅サービス事業所等向け情報

更新日:2021年6月10日

本ページでは、施設内接種・従事者の皆さまのワクチン接種手順等のほか、皆さまからいただいたご質問への回答を順次掲載します。
ご不明点やご意見等は、佐久市役所健康づくり推進課 コロナワクチン担当 電話0267-62-2111 内線353 までご連絡をお願いいたします。

高齢者施設等でのワクチン接種開始時期について

高齢者施設等でのワクチン接種は、ワクチンの供給が安定する見込みの5月24日の週以降の開始をお願いいたします。

高齢者施設等での接種の概要

■高齢者施設の入所者の平時の定期接種の接種方式を踏まえつつ、接種場所を検討いただきます。
■ワクチンは6回分が1バイアルとして供給されることから、施設等内においての接種を実施する場合は、接種可能人数を可能な限り多くする必要があります。(6の倍数)

施設従事者の接種について(接種順位の特例)

原則では、重症化リスクの大きさ等を踏まえ、高齢者と高齢者施設の従事者の接種順位は異なります。
しかしながら、施設等内のクラスター対策のより一層の推進のため、市町村及び施設等の双方の体制が整う場合、介護保険施設や一定の要件を満たす高齢者施設において、同じタイミングで従事者の接種を行ことも差し支えないことが例外として国から示されています。

施設内で接種を行うための準備・流れ

接種場所の決定

施設内で接種を行うか、入所者がそれぞれのかかりつけ医で接種を受けるかご検討ください。

接種医の決定

施設の嘱託医・協力医による接種が想定されます。嘱託医・協力医との連絡・調整をお願いいたします。

入所者の接種希望の確認

ご本人(またはご家族の方等)に、接種を受ける希望があるかの確認をお願いいたします。

施設従事者名簿を市に提出【施設内で接種を行い、かつ、従事者の皆様も同時に施設内で接種を受ける場合】

施設従事者が優先接種としてワクチンの接種を受けるためには、優先接種用の「予診票付き接種券」を市が特別に発行する必要があります。
対象者の把握のために市から各施設等に取りまとめの依頼をさせていただきましたが、回答いただいた後に人事異動等で接種対象者が変わる場合は、市にご連絡のうえリストの再提出をお願いします。

入所者の方の接種券の準備

施設従事者の方の接種券は、ご報告いただくリストに基づき、市が優先接種用のものを特別に準備しますが、入所者の方の接種券は、市が市民の皆さまに郵送する通常のものを使用していただきます。佐久市に住民票がある方の接種券は、4月13日に発送しました。郵送先が接種を受ける施設でない場合には、接種の日までにご家族や住民票所在地の自治体から接種券を取り寄せていただくようお願いいたします。

接種スケジュールの調整

接種を行うスケジュールについて接種医と調整をお願いいたします。
高齢者施設等でのワクチン接種は、ワクチンの供給が安定する見込みの5月24日の週以降の開始をお願いいたします。

ワクチンの供給依頼

ワクチンの供給依頼は、接種医から行います。
ワクチンは、市から接種医の医療機関にお届けし、接種医が巡回接種の形で施設内で接種します。(下図イメージのとおり)

接種の実施

副反応等が起こることも想定されるため、段階に分けての接種もご検討ください。
また、施設内でなくかかりつけ医等での接種を希望する入所者等への柔軟な対応についてもご配意をお願いいたします。

接種後の観察

予診医の判断により、15分から30分程度の経過観察が必要となります。

高齢者施設等の皆さまからいただいたご質問にお答えします(Q&A)

今後、高齢者施設・居宅サービス事業所等から個別にいただくご質問に対する回答は、Q&Aとして皆さまに公開します。
※現在準備中です。少々お待ちください。

お問い合わせ

市民健康部 健康づくり推進課
電話:0267-62-3196(健診)、0267-62-3527(予防)、0267-62-3189(健康相談)、0267-63-3781(口腔歯科) 、0267-62-3524(医療政策)
ファックス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから
ページの先頭へ