このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

第13回佐久市短詩型文学祭のお知らせ

更新日:2018年1月5日

詩・短歌・俳句・川柳の作品を募集したところ、一般の部は134名、児童・生徒の部は351名の皆さんから投稿がありました。
詩や日本固有の文学である短歌・俳句・川柳という短い言葉に凝縮された表現で「心の風光」をうたう、短詩型文学の素晴らしさを感じ、より一層親しんでいただきたく、短詩型文学祭を開催します。
短詩型文学祭では、入選作品の発表や部門別座談会、記念講演会を行いますので、ぜひご参加ください。

日時

平成30年2月3日(土曜)午前9時30分~午後3時30分

会場

佐久市市民創錬センター(佐久市猿久保165-1)

日程

  • 受付   9時30分~9時50分
  • 開会式(一般の部特選者の紹介)   9時50分~10時30分
  • 部門別座談会   10時30分~12時30分
  • 児童・生徒の部特選者表彰式  13時30分~14時
  • 記念講演会   14時~15時
  • 閉会     15時~15時30分

※参加される方は昼食をご持参ください。

記念講演会(14時~)  ≪入場料無料≫

演題 文化のある地域づくり~一人ひとりが心豊かに生きる社会を目指して~
講師 奥村 達夫 氏  (劇作・演出家)

【講師プロフィール】
1955年愛知県生まれ、東京都在住。日本演出家協会会員
商業演劇やミュージカル作品の劇作・演出をはじめ、大型イベントや国際フェスティバルなどのプログラムディレクターや芸術監督など幅広い分野に進出し、その確かな手腕と指導力は各方面から注目されている。
また、平成26年4月より佐久市文化事業団館長兼芸術監督に就任。
県内最大規模となる児童・青少年のための舞台芸術フェステバル〈キッズサーキットin SAKU〉を主催するほか、第一線で活躍中の俳優やアーティストを講師とした体験講座やワークショップ等を開催するなど、市民が多彩かつ優れた文化芸術に親しめる環境づくりを推進している。

特選作品パネル展を開催します

期間

2月3日(土曜)正午~28日(水曜)午後5時

場所

佐久市市民創錬センター

大勢の皆さんのご来場をお待ちしております。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

社会教育部 中央公民館
電話:0267-66-0551
ファクス:0267-66-0553

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら