このページの先頭です
このページの本文へ移動

令和元年 少年センターだより11月号

更新日:2019年11月28日

11月は「子ども・若者育成支援強調月間」です

「青少年は地域社会からはぐくむ」という原点に立ち、子ども・若者が、自主性、創造性、チャレンジ精神を伸ばし、自らを向上させていけるよう支援するとともに、地域ぐるみで子ども・若者にとってよりよい社会環境づくりを行っていきます。

1 若者の社会的自立支援の促進

子ども・若者が社会の一員として自立し、主体的に活躍していくことができるよう、家庭、学校、地域、企業や民間団体など、社会全体で支援します。

2 子どもを犯罪や有害環境等から守るための取組の推進

平成28年7月に制定された「長野県子どもを性被害から守るための条例」等に基づいた、性被害の予防のための教育、被害者の保護・支援、県民運動の推進等により、子どもを性被害から守るための取組を推進します。また、地域住民が一体となり、青少年に有害な社会環境を受け入れず、それらを排除するための活動を実施します。

3 児童虐待の予防と対応

関係機関と地域住民の幅広い協力体制の構築や、児童虐待の未然防止・早期発見などの取組が社会全体で進められるよう、広報啓発活動を推進します。

4 子どもの貧困対策の推進

全ての子どもが心身ともに健やかに育成されるとともに、教育の機会均等が保障され、子ども一人一人が夢や希望を持つことができるように、子どもの貧困対策に関する施策を推進します。

5 生活習慣の見直しと家庭への支援

子どもが生涯にわたって健康で豊かな人間性を育むため、子どもや保護者の食育を推進するとともに、スマートフォンを始めとするインターネット接続機器等の使用時間・方法を見直すなど、子どもが家庭等で日々の生活習慣を見直す取組を推進します。

学校との合同街頭補導を実施しました

10月は、市内小中学校、高等学校との合同街頭補導を実施しました。多くの先生方、PTAの皆さんにご参加いただきありがとうございました。
今後も、学校や家庭と連携し、補導活動を行っていきたいと思います。
11月以降はまた補導委員のみでの巡回となりますが、地域で見かけた際、気になる事がありましたら気軽に声をかけてください。

10月の補導日誌

補導活動では、巡回時の様子を補導委員の皆さんに日誌として提出していただいています。
少年センターでは毎月、1か月の活動を補導日誌としてまとめ、補導委員の皆さんや関係機関へ配布をしています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

社会教育部 生涯学習課
電話:0267-62-0671
ファクス:0267-64-6132

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ