このページの先頭です
このページの本文へ移動

令和元年 少年センターだより6月号

更新日:2019年6月17日

6月になり、梅雨入りとなりました。夕方には急な夕立があるなど、傘が手放せない日が増えそうです。傘を差しながらの登下校は視界が狭くなるため、交通事故等に遭わないよう、晴れた日よりもさらに注意が必要となります。補導委員は雨の日も週5日の街頭補導活動を実施します。地域でも、より一層子ども達の見守りや声かけ等、よろしくお願いします。

少年センター補導委員・少年センター育成推進員を委嘱しました

少年センター補導委員は、地区から選出された80名と学校から選出された33名の、計113名で構成されています。
子ども達の下校時間帯にあわせて、週5日の街頭補導活動を行います。市内の駅周辺や大型店、ゲームセンター等を中心に巡回し、問題行動の青少年の発見や指導にあたります。また、同時に地域の子ども達の安全も見守りながら、多くの子に声かけをして、子ども達が明るくのびのび育つお手伝いをいたします。
少年センター育成推進員は、各地区より選出された244名で構成されています。
地域の特性を生かした青少年健全育成事業を担い、青少年健全育成会や地区子ども会とともに文化活動、スポーツ活動、郷土の伝承文化を継承する活動、奉仕活動やレクリエーション活動等の体験活動を推進します。

佐久市少年センター補導委員協議会総会が開催されました

5月17日(金曜日)に野沢会館にて、佐久市少年センター補導委員協議会総会が開催されました。
新役員の紹介や昨年度の事業報告の承認、新年度の事業計画について審議いたしました。
今年度も子ども達への声かけや見守り、環境浄化活動や信州あいさつ運動の推進を行います。
地区選出の補導委員は6月より街頭補導活動を実施します。
地域を回っている時に、地域のこと、子ども達のことなど、気になることがあれば気軽にお声がけください。
地域全体で子ども達を見守っていきましょう。

佐久市少年センター育成推進協議会総会が開催されました

5月19日(日曜日)に野沢会館にて、佐久市少年センター育成推進協議会総会が開催されました。
新役員の紹介や昨年度の事業報告・決算報告の承認、今年度の事業計画・予算について審議しました。
育成事業の中では、各地区での育成会活動だけではなく、子ども達が心豊かにたくましく育つことができるように、ジュニアリーダー研修事業や銀河連邦子ども留学交流事業、子どもまつり、青少年健全育成市民集会などを行っています。
青少年の健全育成にご理解とご協力をよろしくお願いします。

6月のトピック

今年も佐久市ジュニアリーダー研修が始まります

佐久市少年センター育成推進協議会では、今年も佐久市ジュニアリーダー研修を実施します。今、子ども達の生活体験・自然体験・社会体験の不足が指摘されています。そこでジュニアリーダー研修では、野山での自然体験・山門市での商業体験・環境浄化のボランティア体験等、多彩な体験機会を設け、「生きる力」を持った人間性豊かな子どもの育成を目指しています。また、市内各地区から集まる研修生が一緒に活動することにより、広範囲の友達をつくると共に、子ども会等のリーダーとなることを目的としています。
今年も6月2日(日曜日)から研修が始まり、年間15回の体験活動が計画されています。研修生には仲間と一緒に頑張ってもらいたいと思います!

5月の補導日誌から

5月23日(木曜日)専門補導委員

望月中・望月小の前を通過し、両校の通学路を通り望月児童館へ。約100名の児童が来館。にぎやかな声の中、勉強したり友達と元気に遊んだりしている児童で、館内はいっぱいであった。男の子に将来の夢について聞くと、「サッカー選手になりたい。」と。専門補導委員の姿を見ると「おじさん、誰?」と屈託のない質問をするなど、人懐っこい子が多いと感じた。若駒児童公園の滑り台や東屋の椅子等に、卑猥な絵や文字の落書きが多数あった。状況を写真撮影し、所管する関係部署へ連絡した。スーパーやバスターミナルには、少年の姿はなかった。

5月27日(月曜日)専門補導委員

市民交流ひろばでは、10人くらいの親子連れが遊具などで楽しそうに遊んでいた。管理人によると、午前中は40人くらい、また土曜日は400人、日曜日はイベントがあり500人くらいが来ていたとのことであった。午後はあまりの暑さに足が遠のいたのだと思う。プレイサークルでも人影は無かった。映画館等複合施設では、ゲームコーナーに2人、カラオケボックスには利用者はいなかった。店員によると、休日は学生も含め多く来店するようである。3月末で閉店したゲームセンターの所に、新たに別のゲームセンターがオープンした。店員に話を聞いたところ、店長は今日は不在とのこと。青少年健全育成の協力店になっていることから、改めて協力依頼等で訪問する旨を話した。ネットカフェでは数人が来店しており、ダーツやゲームなどをしていた。

お問い合わせ

社会教育部 生涯学習課
電話:0267-62-0671
ファックス:0267-64-6132

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ