このページの先頭です
このページの本文へ移動

令和元年 少年センターだより8月号

更新日:2019年8月5日

夏休みが始まりました。梅雨明けから一転、毎日暑い日が続いています。屋外・屋内に関わらず、熱中症にならないよう、体調管理に気を付けましょう。水分補給や塩分補給を忘れずにし、日差しが強い時や体調が優れない時は無理をしないことが大切です。
夏休みは夜更かしをしたりして、生活リズムが乱れがちになります。夏バテにならないよう、生活リズムを整え、栄養をしっかりと摂りましょう。スマホ等の使い過ぎにも注意しましょう。

街頭啓発活動を実施しました

7月の「青少年の非行・被害防止全国強調月間」にあわせて、7月1日(月曜日)にJR岩村田駅前にて、県や警察ボランティアなどの関係団体の皆さんと一緒に、街頭啓発活動を実施しました。また、強調月間にあわせて「信州あいさつ運動」の啓発も行いました。
今年は小雨がちらつく中の実施でしたが、通勤や通学で駅を利用する方々や、駅前を通って学校に通う小・中学生にあいさつをしながら、啓発用のポケットティッシュを配布しました。
駅を利用する大勢の高校生達や、駅前を通る小学生・中学生に声をかけると「おはようございます」と元気のいいあいさつを返してくれました。
学校は夏休みに入りましたが、長期休みはインターネットやSNS等を利用する時間も増え、犯罪やトラブルに巻き込まれる危険も高まります。
保護者や子ども達自身が、スマホ等の使い方について、一度見直す機会を設けてほしいと思います。
青少年が安心して健やかに成長できる環境づくりに、家庭をはじめ、地域でも引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

第44回長野県青少年補導活動推進大会が佐久市で開催されました

7月11日(木曜日)に、今年度は佐久市にて、第44回長野県青少年補導活動推進大会が開催されました。
今年の推進大会では、佐久市少年センター補導委員協議会の依田会長と委員1名が、10年間の補導委員活動に対して表彰を受けました。
また、昨年まで佐久市の補導委員協議会の会長を務められていた工藤前会長に、感謝状が贈られました。
事例発表では千曲市、上田市、駒ヶ根市、松本市がそれぞれの地区を代表し、各市の取り組んでいる補導活動について発表をしていただきました。
講演会では、「子どもとメディア信州」の代表で、松本市立菅野中学校の校長である松島恒志さんに、「子どものスマホ・ゲーム機利用のあり方~大人はどうすればいいのか~」というテーマで、今の子ども達のインターネット利用の現状、そして、それに対して我々大人がどのようにすれば良いのかということについて、とても分かりやすくお話しをしていただきました。
子ども達は、私達大人が思っているよりもきちんと、スマホ等の利用に対して危機感を持っており、子ども達自身が「スマホを使いすぎている」あるいは「スマホを手放せない」といった自覚を持っていることが分かりました。それによって生活リズムが乱れ、睡眠時間が少なくなってしまうことや、勉強時間が減ってしまっていることに悩んでいるということも分かりました。
それに対して「保護者や大人が出来ること」として教えていただいたのが、「スマホ以外のことに目を向けさせてあげる」ということです。
多趣味な子どもは、それだけスマホを操作する時間が減ります。
「一緒に料理を作ろう」「一緒にカラオケに行こう」「一緒に○○をやってみよう」と、コミュニケーションを取りながら、他のことに視野を広げてあげることで、子ども達は自然とスマホを使わない時間が増えていくということを教えていただきました。
ただ頭ごなしにスマホの長時間使用を注意し制限するのではなく、親子間のコミュニケーションが、子ども達のスマホ利用の在り方を改善していく最善の方法なのだと、とても勉強になりました。

8月のトピック

令和元年度ジュニアリーダー研修がスタート!

第1回目の研修「出会いの会」が、6月2日(日曜日)に野沢会館で行われました。
今年は市内14の小学校から30名の研修生と、中学校・高校から14名の学生ボランティアスタッフが集まりました。はじめはみんな緊張した様子でしたが、焼きそば作りや集団ゲームを通して、これから共に学ぶ仲間との関係を深めました。
ジュニアリーダー研修は「生きる力」を持った人間性豊かな子どもの育成を目的に、来年1月の修了式まで多彩な体験をする全15回の活動を予定しています。
研修生達が、将来、地域の子ども会等のリーダーとなってくれることを願っています。

7月の補導日誌

補導活動では、巡回時の様子を補導委員の皆さんに日誌として提出していただいています。
少年センターでは毎月、1か月の活動を補導日誌としてまとめ、補導委員の皆さんや関係機関へ配布をしています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

社会教育部 生涯学習課
電話:0267-62-0671
ファックス:0267-64-6132

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ