このページの先頭です
このページの本文へ移動

令和2年 少年センターだより4・5・6月号

更新日:2020年6月16日

佐久市少年センターの専門補導委員を紹介します!

専門補導委員は、佐久市少年センター(事務局 佐久市教育委員会生涯学習課)に常駐する補導委員です。
地域の補導委員の皆さんと一緒に街頭補導活動をしたり、日中は市内の店舗などを回って青少年健全育成への協力をお願いしたりしています。
専門補導委員は現在3名が常駐しています。今年度は2名が新しく就任しました。
市内を巡回する中で、地域の皆さんにお話を聞いたり、青少年の皆さんへ声かけをさせていただくことがあるかと思いますので、よろしくお願いいたします。

専門補導委員3年目を迎えました。次代を担い未来を創る青少年が心身ともに健全にたくましく成長して欲しいと願っております。少年への声かけを積極的に行い、素晴らしい行いにはほめて、指導すべき時は、適切な指導・助言をし、青少年健全育成に努めたいと思っております。よろしくお願いいたします。

少年の育成支援に関わるありがたい機会を得ています。これからの時代を支える少年たちから「聴くこと」を主眼に何らかの援助が出来れば、と思います。各地区の補導委員の皆様のお力を頂戴して職務を全うしたいと思います。よろしくお願いします。

本年度から専門補導委員になりました。青少年の皆さんの健全育成に貢献できるよう、微力ではありますが努力してまいります。地域の補導委員の皆様と親しくなり、共に地域を回らせていただきながら地域を知るとこをから始めたいと思います。よろしくお願いいたします。

※4月のトピックはお休みです。

5月のトピック

補導委員をご存知ですか?

佐久市少年センター補導委員協議会は、地域の皆さんの中から選出された80名と、市内の各小・中・高等学校の先生達の中から選出された33名の、計113名の委員で構成されています。
地域から選出された80名の補導委員は、地域ごとに4人で1つの班を作り、主に平日の午後4時~午後5時30分(11月~3月は午後3時30分~午後5時)に、街頭補導活動として地域の見回りを行っています。子ども達が集まる公園や商業施設、児童館などを訪問し、訪れる子ども達の様子をお店の人や館長さんにお聞きしたり、子ども達への声かけを行ったりしています。
補導委員協議会では、「青少年は地域で育む」という観点に立ち、子ども達への「声かけ」や「対話」を積極的に行っていきたいと思います。地域の皆さんにも、子ども達の安全で健やかな成長のため、補導活動へのご理解、ご協力をお願いいたします。

街頭補導活動をしている様子
街頭補導活動の様子

6月のトピック

便利なスマホ★上手に活用しましょう!

新年度が始まり、自分が自由に使えるスマホやタブレットを買ってもらった、あるいは親から古いものを譲ってもらった、という子も多いのではないでしょうか。もちろん親と共有で使っているという子もたくさんいるでしょう。
インターネットにすぐ接続できたり、動画を見たり、SNS等ですぐに連絡を取り合ったりすることができるスマホなどのインターネット利用機器は、生活する上で非常に便利なツールとなっています。しかしインターネットやSNSなどは、トラブルや犯罪に巻き込まれてしまう危険性も高いので、利用には十分な注意が必要です。また最近は、スマホ等の利用をやめられない、いわゆる「ネット・ゲーム・スマホ依存」も問題になっています。
これからの時代、スマホなどのインターネット利用機器は、より便利に、より生活に欠かせないものになっていくでしょう。
まずは、その危険性や特性をきちんと理解し、上手に活用しながら付き合っていきましょう!

補導日誌

少年センターでは毎月、1か月の活動を補導日誌としてまとめ、補導委員の皆さんや関係機関へ配布をしています。

3月の補導日誌

4月の補導日誌

5月の補導日誌

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

社会教育部 生涯学習課
電話:0267-62-0671
ファックス:0267-64-6132

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ