このページの先頭です
このページの本文へ移動

佐久市新品目導入試験事業講演会を開催しました

更新日:2020年1月20日

1月14日(火曜)に佐久合同庁舎において、佐久市新品目導入試験事業講演会を開催しました。
当日は、「佐久市新品目導入試験ほ場での試験結果」、「佐久古太きゅうり」、「今、人気の品種」、「直売所で売れる品目とは」の4点について、ご講演いただきました。
多くの皆様にご来場いただき、「地元の伝統野菜について理解を深めることができた。」、「今後、栽培・出荷する際の参考になった。」など様々な感想が寄せられました。

講演内容

佐久市新品目導入試験ほ場の試験結果について

講師 佐久農業改良普及センター 専門幹 武井 正明 氏

今年度、佐久市新品目導入試験ほ場で実施しました試験栽培の中から、ハウスメロン栽培、ベニバナインゲンの栽培、天敵昆虫利用による減農薬栽培の検討結果について発表していただきました。
当日の資料を下記に掲載しますので、ご覧ください。

また、新品目導入試験ほ場では、この他にも試験栽培を実施しております。
今年度の試験状況につきましては、下記のリンクからご覧ください。

過去の試験結果につきましては、下記のリンクからご覧ください。

佐久古太きゅうりについて

講師 佐久古太きゅうり保存会 会長 工藤 正博 氏

保存会の立ち上げや栽培技術講習の開催、首都圏や地元でのPR活動等、地元の伝統野菜である「佐久古太きゅうり」を保存・普及させるため、関係機関と連携した取組についてご紹介いただきました。
当日の資料を下記に掲載しますので、ご覧ください。

佐久古太きゅうりについては、下記のリンク先でも紹介しておりますので、ご覧ください。

今、人気の品種

ナント種苗株式会社 営業部 田中 亮太 氏

調理しやすい品種、フルーツのような甘みのある野菜等、消費者から人気のある品種についてご紹介いただきました。また、品種の紹介に加え、ウリ科の栽培方法のポイントについてもご説明いただきました。
当日の資料を下記に掲載しますので、ご覧ください。

直売所で売れる品目とは

道の駅ヘルシーテラス佐久南 管理部 調査役 荻原 竜二 氏

消費者の目に留まるよう工夫された荷造り例を紹介していただき、消費者がどのようなものを求めているかご説明いただきました。
当日の資料を下記に掲載しますので、ご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

経済部 農政課
電話:0267-62-3203
ファックス:0267-62-2269

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ