特別企画展 北欧の小さな宝石箱・エストニア―エストニアの古伝を紡ぐ カルヨ・ポル作品を中心に―

■特別企画展 北欧の小さな宝石箱・エストニア―エストニアの古伝を紡ぐ カルヨ・ポル作品を中心に―


概要

エストニア共和国独立100周年と、佐久市とエストニア共和国サク市との友好交流10周年を記念し、エストニアの代表的な美術家であるカルヨ・ポル(Kaljo P?llu,1934-2010)の作品を中心に、エストニアの芸術・文化を紹介します。

会期

平成31年3月9日(土曜)から4月14日(日曜)まで

会期中の休館日

月曜日

開館時間

午前9時30分から午後5時まで

観覧料

一般 500(400)円
高校・大学生 400(300)円
小・中学生 250(200)円
※()内は20名以上の団体料金


■展示内容


エストニアの心 版画家カルヨ・ポルの世界

カルヨ・ポルは、エストニアの傑出した美術家のひとりです。
エストニア民族の起源に強い関心を抱き、学術研究にも携わっていたポルは、忘れ去られていた古代の神話やシンボルを題材とした版画作品を制作し、高く評価されました。
本展では、エストニア国立美術館などが所蔵する作品74点を展示します。


カルヨ・ポル《太陽舟》
カルヨ・ポル《太陽舟》(版画シリーズ「小屋に住む人々」より)エストニア国立美術館蔵

エストニアの暮らしと文化―国立民族学博物館 所蔵資料から―

国立民族学博物館が所蔵するエストニアの民族資料31点を展示し、エストニアの暮らしや文化を紹介します。

エストニア×佐久市 交流写真展

エストニア共和国サク市とのさまざまな交流活動の中で撮影された写真を展示します。


■会期中のイベント


開会記念スペシャルイベント【佐久市民の日 無料開放】

エストニアから音楽家とキュレーターが来日します。

ミュージアムコンサート「現代に響くいにしえの音」

日時:平成31年3月9日(土曜) 午前11時〜正午
演奏:クリスティ・ミューリング(カンネル)、アアレ・タンメサル(チェロ)

エストニアのキュレーターによるギャラリートーク

日時:平成31年3月9日(土曜) 午後1時30分〜2時
講師:タイミ・パヴェス(アルス・オリエンタリス キュレーター)

エストニアの絵本読み聞かせ【佐久市民の日 無料開放】

日時:平成31年3月10日(日曜) 午後2時〜
読み手:佐久市立中央図書館館長
※会期中、北欧の書籍展示も行います。

ミュージアムコンサート

弦楽三重奏

日時:平成31年3月16日(土曜) (1)午前10時30分〜11時 (2)午後2時〜2時30分
演奏:村石達哉(ヴァイオリン)、綿貫舞乃(ヴァイオリン)、クリストファー・S・ギブソン(チェロ)

ハープ・ヴィオラ二重奏

日時:平成31年3月21日(木曜・祝) 午後2時〜2時30分
演奏:丸山京子(ハープ)、上原恭子(ヴィオラ)

版画教室

申込方法:3月1日(金曜)から電話で受付 ※定員になり次第終了

消しゴムはんこを作ろう【小学生と保護者対象】

日時:平成31年3月21日(木曜・祝) 午前10時〜正午
講師:当館館長
定員:15組(1組で小学生2人まで)
参加費:大人500円・小学生250円
消しゴムハンコ
消しゴムハンコ 制作例

剥がし刷り凹版画に挑戦【中学生以上対象】

日時:平成31年3月17日(日曜) (1)午前10時〜正午 (2)午後2時〜4時
講師:当館スタッフ
定員:各回20名
参加費:500円
剥がし刷り凹版画
剥がし刷り凹版画 制作例

当館学芸員によるギャラリートーク

(1)平成31年3月23日(土曜) 午前10時30分〜
(2)平成31年3月31日(日曜) 午前10時30分〜
(3)平成31年4月6日(土曜) 午後2時〜
(4)平成31年4月7日(日曜) 午前10時30分〜

エストニアアニメーション上映会

日時:平成31年4月13日(土曜)・14日(日曜) 各日(1)午前10時〜 (2)午後2時〜

トークフリーデー

ご家族やお友達との会話を楽しみながらご鑑賞ください。
日程:平成31年3月9日(土曜)・10日(日曜)・17日(日曜)・23日(土曜)・24日(日曜)・30日(土曜)・31日(日曜)


■同時開催

収蔵品展「描かれたヨーロッパ」

佐久市立近代美術館の収蔵作品の中から、ヨーロッパの風物を描いた作品を展示します。

常設展示


■チラシダウンロード


[*]戻る
[9]トップに戻る
佐久市役所
〒385-8501
長野県佐久市中込3056
電話番号:0267-62-2111(代表)
(C)Saku City