このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • ホーム
  • イベント情報
  • 収蔵美術品・作家
  • 企画展覧会情報
  • 美術館案内

月替わりコレクション紹介・牧田草平《ほんとうは》(12月31日まで)

更新日:2022年12月1日

月替わりでコレクション(当館の収蔵作品)を紹介します。

12月になりました。1階から3階の展示室でのコレクション展示は、3月までしばらくお休みです。
そこで今回は、館内でいつでも見ることのできる常設展示中の作品を紹介します。紹介する作品は、牧田草平《ほんとうは》です。

静かな存在感を放つこの作品について、今回は作家からコメントを寄せていただきました。

「月替わりコレクション紹介」について

  • このページでは、月替わりで佐久市立近代美術館の収蔵作品を1点ずつ紹介します。
  • 毎月1日に更新し、月の末日に公開を終了します。
  • 展覧会期の都合などで、このページの公開期間と館内での作品の展示期間が異なる場合があります。館内での作品展示期間については、ページ末尾の「展示情報」をご確認ください。
  • このページのために、作品の著作権管理者の皆様から画像掲載について特別に許可を頂いています。画像の転載は禁止します。

牧田草平《ほんとうは》

基本情報

作者名:牧田草平
生没年:1980-
制作年:2010
材質・技法:木彫彩色
寸法(cm):156.0×57.0×75.0

作家からのコメント

私は子どもの持つ動物的な直感の鋭さに魅力を感じ作品のモチーフにしている。
迷子になった子どもにどうしたの?と声をかける大人。その状況を逆転させて、この作品に向きあった時に大人の私が「ほんとうはどうしたいの?」「ほんとうはどうなりたいの?」と問われるような彫刻を作りたいと思った。
迷い、自問自答することに子どもも大人もない。それは生きている限りずっとついてまわる事だから。

略歴

1980年 栃木県生まれ
2006年 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
2009年 活動拠点を足利市に移す
2014年 個展 牧田草平木彫展(足利市立美術館)
2018年 あしかがアートクロス「古民家に棲む」(菊地武彦・田沼真澄・牧田草平)参加
ほか、個展グループ展多数。
パブリックコレクションは、佐久市立近代美術館、長流美術館(台湾・台北)。

展示情報

本作品は、佐久市立近代美術館 2階ロビーに常設展示中です。

本文ここまで

佐久市立近代美術館 油井一二記念館

〒385-0011
長野県佐久市猿久保35番地5
電話:0267-67-1055
ファックス:0267-67-1068
お問い合わせはこちら
アクセス方法
アクセスマップ

休館日

毎週月曜日(休日の場合は開館)
展示替え期間(不定期)
年末年始期間(12月29日~1月3日)
ほか臨時休館することがあります。

開館時間

午前9時30分~午後5時

Copyright © SAKU Municipal Museum of Modern Art. All rights reserved.