被災された方の医療機関等受診した際の窓口負担の免除期間の延長について

更新日:2020年1月29日

この度の台風19号により被害を受けられました皆さま方には、心からお見舞い申し上げます。
被災者の皆さまは、保険証がなくても医療機関等を受診できます。
また、医療機関等での窓口負担(診療、調剤及び訪問看護)について、下記の1~5のいずれかに該当する方は、窓口で被災の状況を伝えていただくことで、支払いが不要になります。
この度、免除期間が令和2年3月末までに延長になりました。
なお、健保組合によって対応が異なりますので、詳細はご加入の各組合にお問い合わせください。

医療機関等で伝えること

  • 氏名
  • 生年月日
  • 連絡先(電話番号)
  • お勤め先の事業所名やご加入の保険種類
  • 被災の状況が1から5に該当していること
  1. 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした者
  2. 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った者
  3. 主たる生計維持者の行方が不明である者
  4. 主たる生計維持者が業務を停止、又は休止した者
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない者

この免除を受けるには、上記1から5のいずれかに該当する必要があることから、医療機関等の窓口でご申告いただいた内容について、後日、ご加入の保険者から確認が行われることがあります。

免除証明書の発行

現在、佐久市国保に加入の方で「国民健康保険一部負担金免除証明書」をお持ちの方には、有効期間を令和2年3月末に延長した証明書を郵送しましたので、ご確認ください。
受診される際は、忘れずに提示してください。

保健医療機関の方へ

上記のような受診があった場合で、佐久市が保険者の場合は、佐久市役所国保医療課(62-3164)へお問い合わせください。

国民健康保険証の再発行について

手続きの場所

  • 佐久市役所国保医療課
  • 各支所(臼田、浅科、望月)の市民係

持ち物

ご本人が、手続きに来庁できる場合の持ち物

  • 運転免許証など、身分証明となるもの
  • 印鑑

代理の方が手続きに来る場合

  • 代理者の運転免許証などの身分証明
  • 保険証再発行を委任する書面(記載すること・「再発行を委任します」・代理者(手続きに来る人)の住所と氏名・委任者(本人)の署名と押印)
  • 代理者の印鑑

お問い合わせ

市民健康部 国保医療課