このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

望月宿

更新日:2015年2月2日

望月宿の町並み

望月宿(江戸から数えて二十五番目の宿場)

奈良平安期の信濃には16の牧があり、約80頭の馬を朝廷に献上したと言われています。その中でも望月は突出しており、中秋の名月になると信濃より馬が送られてくるので、その代表格であった場所が望月と命名されました。
街道沿いには、「望月歴史民俗資料館」や国の重要文化財に指定されている、出桁造りの旅籠「真山(さなやま)家」(大和屋)があります。

案内図

DATA

【場所】 佐久市望月(佐久南インターから車で約20分)
【宿場構成】 本陣1、脇本陣1、旅籠9

お問い合わせ

経済部 観光交流推進課
電話:0267-62-3283(交流推進)、0267-62-3285(観光)
ファクス:0267-62-2269

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら