このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

地域医療を守る市民シンポジウムについて

更新日:2015年2月2日

 医療関係者、そして市民の皆様等にご参加をいただき、佐久の地域医療を守るためには、医療を提供する側、提供を受ける側それぞれの立場で、今「何ができるか」、「何をしなければいけないか」を考えていただく機会とするため、平成22年9月12日(日曜)にシンポジウムを開催しました。

 当日は、約250名の皆様にご参加をいただきました。

基調講演

 (1)地域医療の現状(医師確保対策を中心に)(長野県健康福祉部衛生技監兼医師確保対策室長 鳥海 宏 様)

 (2)地域の中核病院における地域医療連携(昭和大学病院長 飯島正文 様)

パネルディスカッション

 地域医療を守るために今後どのように取り組めば良いのか、それぞれの立場からご発言をいただきました。

 参加いただいた皆様を紹介いたします。

  • コーディネーター
    ・工藤 猛 様(佐久市行政顧問、長野県医師会常務理事、前佐久医師会長)
  • パネリスト
    ・臼田誠三郎 様(佐久市民生児童委員協議会会長)
    ・山浦さとみ 様(全佐久PTA連合会父親母親委員長)
    ・坂戸政彦 様(佐久医師会長)
    ・伊澤 敏 様(JA長野厚生連佐久総合病院長)
    ・村島隆太郎(佐久市立国保浅間総合病院病院事業管理者)
    ・飯島正文 様(昭和大学病院長)
    ・鳥海 宏 様(長野県健康福祉部衛生技監兼医師確保対策室長)
    ・栁田清二(佐久市長)

 このシンポジウムの内容は、広報12月号と1月号に掲載いたしました。

 当日のパンフレットはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF:1,221KB)です。

長野県健康福祉部衛生技監兼医師確保対策室長鳥海氏による『医師確保対策を中心とした、地域医療の現状』の講演の模様。
鳥海氏が「地域医療の現状(医師確保対策を中心に)」について、スライドを用いて講演する様子。

昭和大学病院長 飯島正文氏による『地域の中核病院における地域医療連携』について、スライドを用いて講演する様子。
飯島氏が「地域の中核病院における地域医療連携」の講演の模様

参加者がパネルディスカッションで議論をしている様子。
パネルディスカッションの様子

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民健康部 健康づくり推進課
電話:0267-62-3196(健診)、0267-62-3527(予防)、0267-62-3189(健康相談)、0267-63-3781(口腔歯科) 、0267-62-3524(医療政策)
ファクス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら