このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨を差し控えることについて

更新日:2016年4月1日

※子宮頸がんワクチンについては、平成25年6月14日に行われた「第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」で、積極的な接種の呼びかけを差し控えております。
現在、厚生労働省では、表記ワクチンの定期接種は継続するものの、積極的な接種の勧奨は差し控えることとしました。
なお、今後、国及び県からの情報が入り次第、逐次ご案内します。

子宮頸がん予防ワクチン接種が、平成25年4月1日から定期予防接種になりました。
子宮頸がんは、20歳から30歳代の若い女性に急増しています。子宮頸がんは「HPV(ヒトパピローマウイルス)」というウイルスの感染が原因で起こります。このウイルスに感染する前の低年齢でのワクチン接種が有効と言われています。

都道府県ごとの協力医療機関

平成26年11月20日より、ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療を、より身近な地域において適切に提供するため、協力医療機関の選定状況が厚生労働省ホームページで公開されました。

詳しくは、厚生労働省ホームページをご確認ください。

HPVワクチン相談窓口

平成26年11月1日より、適切な診療につなぐため、厚生労働省にて電話相談窓口が開設されました。

詳しくは、厚生労働省ホームページをご確認ください。

接種対象者、接種方法等につきましては、予防接種のホームページでご確認ください。

お問い合わせ

市民健康部 健康づくり推進課
電話:0267-62-3196(健診)、0267-62-3527(予防)、0267-62-3189(健康相談)、0267-63-3781(口腔歯科) 、0267-62-3524(医療政策)
ファクス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら