このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

容器包装プラスチックの分別徹底にご協力をお願いします

更新日:2018年6月14日

各ご家庭から排出され、市が収集した容器包装プラスチックは、最終的にリサイクル工場へ引き渡され、別の製品へと生まれ変わっています。

リサイクル工場へ運ばれた容器包装プラスチックは、再資源化を委託している容器包装リサイクル協会によって、毎年検査を受けています。

平成30年度の検査結果

平成30年度は、5月に品質検査が行われました。
検査はA、B、Dの3段階で評価され、A、B、Dの順に評価が悪くなります。
今年度の検査の結果は、以下のとおりです。

破袋度評価

二重袋になっていないかの評価です。
前年度に引き続き、Bランクでした。

容器包装比率評価

異物が混入していないかの評価です。
前年度に引き続き、Aランクでした。

禁忌品評価

医療系廃棄物や危険品等が入っていないかの評価です。
今年度は危険品等の混入が無かったことから、Aランクとなりました。
(前年度のDランクから評価が上がりました)

破袋度評価の評価改善にご協力をお願いします。

佐久市の破袋度評価は、平成29年度から2年連続でBランクが続いています。

検査の結果、一定以上の品質を保つことができない場合は、容器包装プラスチックの引取りを拒否される可能性もあります。

その場合、佐久市独自で容器包装プラスチックを処理しなければならず、現在の数十倍の処理費用が必要となることが想定され、様々な面で影響が出てきます。

効率的で安定したリサイクルを続けていくために、正しい分別を心掛けていただくようお願いします。

容器包装プラスチックを出す前に、再度確認をお願いします

  • プラマークの有無を目印に分別しましょう。
  • レジ袋等の小袋に入れた状態(二重袋)で出さず、直接指定ごみ袋に入れましょう。
  • 汚れているものは、汚れを落としてから指定ごみ袋へ入れましょう。
  • 医療系廃棄物(注射針、注射器など)や、危険品(ライター、ガスボンベ、スプレー缶、電池、カミソリ、刃物、ガラスの破片など)は絶対に入れないでください。

財団法人日本容器包装リサイクル協会ホームページ(わたしのまちのリサイクル)

お問い合わせ

環境部 生活環境課
電話:0267-62-3094
ファクス:0267-62-2289

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら