このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

野生きのこ類について

更新日:2016年9月16日

佐久市産「野生きのこ」の取り扱いについて

 長野県知事より、平成23年10月26日付けで、佐久市産の「野生きのこ」を採取・摂取・出荷の自粛要請が出されています。また、平成24年10月11日付けで、原子力災害対策本部長(内閣総理大臣)より、佐久市産の「野生きのこ」について当面の間、出荷を差し控えるよう指示が出ており、未だ解除されておりません。
 今年も野生きのこの季節を迎えますが、引き続き「採らない・食べない・販売しない」にご協力をお願いいたします。
 なお、相談窓口が下記のとおり設けられています。

○山菜、きのこ類の生産等に関する相談窓口
【平日:午前8時30分~午後5時15分】
 長野県林務部 信州の木活用課 026-235-7267
 長野県佐久地方事務所 林務課 0267-63-3154

○食品の安全等に関する相談窓口
【平日:午前8時30分~午後5時15分】
 長野県健康福祉部 食品・生活衛生課 026-235-7155
 長野県佐久保健福祉事務所 食品・生活衛生課 0267-63-3297

【お問い合わせ先】
 佐久市役所 経済部 耕地林務課 林務係 電話0267-62-3242

マツタケの生産者及び販売される皆さんへ

 佐久市のマツタケの放射性物質に係る出荷制限が平成27年11月20日付原子力災害対策本部長内閣総理大臣から毎年出荷前検査、定期検査、確認検査及び出荷台帳の整備等を条件に解除があり、同日長野県知事による採取・出荷及び摂取の自粛要請が取り消されました。
 出荷制限解除にあたり、今年から毎年、出荷前及び出荷期間中に一定数の検体の検査を実施し、基準値以下であることを確認した上で、流通させること等の条件が課されました。
 ついては、マツタケの生産者の皆さんには次のことについてご協力お願いします。

  • 佐久地方事務所及び市が検査用の検体の提出を求めた際は指示に基づき提出してください。
  • 解除条件に基づき出荷先(直売所・市場等)から、販売管理のための台帳整備に必要な内容についての届出を求められた際は必ず提出してください。
  • 直接消費者や飲食店等へ販売する際は、販売先・採取箇所・採取日・販売日・販売量を記載した出荷台帳を整備してください。

上記の条件に係る資料は以下の通りです。

なおマツタケ以外の野生きのこについては、以下のリンクより長野県のホームページをご覧ください。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

経済部 耕地林務課
電話:0267-62-3242(林務・国調)、0267-62-3247(農村整備)
ファクス:0267-62-2269

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら