このページの先頭です
このページの本文へ移動

ヘルプマークと信州あいサポート運動について

更新日:2020年3月2日

ヘルプマークとは

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からはわからない方が、周囲の方に援助や配慮を必要としていることを知らせることで、援助や配慮を得やすくなるよう作成されたマークです。

このマークを身に着けている方を見かけたら、思いやりのある行動をお願いします。


ヘルプマーク本体

対象者

佐久市に住所があり、身体障害・知的障害・精神障害・発達障害がある方、難病の方、妊娠初期の方などで、周囲に援助や配慮を必要としている方

配付について

窓口にお持ちいただくものや、申請書はございませんが、必要な理由(障がいの有無)などについて、受付時にお伺いしますのでご協力お願いします。

注記1 数に限りがありますので、配付はお一人につき1個とさせていただきます。
注記2 申込は、本人又はその家族に限ります。
注記3 窓口への来所が困難な方には、郵送での配付を行っております。ご希望の場合は、返信用封筒と返信切手(120円)をご送付ください。
送付先は、郵便番号385-8501 佐久市中込3056番地 佐久市役所福祉課 障害福祉係 までお願いします。

配付場所

福祉課 障害福祉係
臼田支所 高齢者児童福祉係
浅科支所 高齢者児童福祉係
臼田支所 高齢者児童福祉係

ヘルプマークをお持ちの方を見かけたら

1 電車・バスの中で、席をお譲りください。
外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。また、外見からはわからないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。

2 駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。
交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

3 災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。
視覚障がい者や聴覚障がい者等の状況把握が難しい方、肢体不自由等のため自力で迅速に避難することが難しい方がいます。

外部リンク

信州あいサポート運動を推進しています

信州あいサポート運動とは、様々な障がいの特性や障がいのある方が困っていること、そしてそれぞれに必要な配慮を理解し、日常生活でちょっとした配慮を実践していく『あいサポーター』の活動を通じて、誰もが暮らしやすい地域社会(共生社会)を皆さんと一緒につくっていく運動です。

あいサポーターとは・・・
障がいの特性や必要な配慮などを理解し、障がいのある方を手助けする方々のことです。県の主催する講演会やイベント時にあいサポート運動に関する説明を受けること等により誰でもなることができます。


あいサポートマーク

外部リンク

お問い合わせ

福祉部 福祉課
電話:0267-62-2919(地域福祉係)、0267-62-3147(障害福祉係・療育支援係)、0267-62-2914(保護係)、0267-58-1011(療育支援センター)、0267-64-0212(障害者自立生活支援センター)
ファックス:0267-62-2172

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ