このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

台風19号による佐久市内の下水道の使用制限について

更新日:2019年10月21日

現在、台風19号による下水処理場の浸水被害や停電の発生により、汚水の処理に支障をきたしています。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、お風呂や台所での節水にご協力お願いいたします。

10月21日追記:下水処理場の被害状況について

台風19号による市内の下水処理場の被害状況は下表のとおりです。
掲載していない下水処理場は10月17日現在、復旧しました。
市内の下水道エリアは添付の地図をご覧ください。

【2019年10月20日現在】
処理場名 種類 被害状況 復旧状況
下水道管理センター 公共下水道 ・浸水により処理設備に被害。機能停止 ・浸入水を仮設ポンプにより排水中
・汚水は場内で簡易処理し千曲川へ放流
浅科浄化センター 特定環境保全公共下水道 ・塩名田地区から処理場に繋がる水管橋が流失 ・水管橋の復旧は未定
(バキューム車にて対応中)

上記処理場の区域の皆様には、排水量を減らすため節水にご協力をお願いします。

10月15日追記

市民の皆様には、節水についてご協力をいただきありがとうございます。
現在、中込の下水道管理センターが滑津川堤防決壊による浸水により機能停止しており、下水の受け入れを停止しています。
ただいま、下水の受け入れを再開するため、処理場の浸入水を排出する作業を行っておりますが、完了のめどはたっていない状況です。
また、浅科浄化センターにおいても下水管の流失により一部地区の下水の受け入れができない状況です。

特に節水にご協力いただきたい地区

佐久地区・臼田地区の公共下水道を利用している区域

岩村田地区・小田井地区・平根地区の一部・中佐都地区・高瀬地区の一部
野沢地区・桜井地区・前山地区の一部
中込地区・平賀地区の一部・内山地区の一部
三井地区の一部(佐久地区)
田口地区の一部・青沼地区の一部・切原地区・臼田地区

浅科地区

中津地区(塩名田)

上記以外の農業集落排水志賀地区処理場、常和地区処理場の区域、望月地区の一部の区域の皆さんも、浸水や停電によるポンプの停止のため、処理機能に支障をきたしている状況ですので、できるだけ節水にご協力いただきますようお願いします。

以下に排水量を減少するための具体的な方法について掲載しますので、ご協力をお願いします。

お風呂

一般的にお風呂には180リットルほどのお湯を使うので、ためる量を少し減らしましょう。
シャワーは3分間出し続けると約36リットルになるので、こまめに止めて使用しましょう。
入る回数を減らすなど、ご協力ください。

家事

お皿にラップをして使用するなど、洗い物を減らしましょう。
洗濯物はまとめて洗うようにしましょう。

トイレ

健康を害するので我慢しないで行きましょう。
できるだけ「小」で流すようにしてください。

その他

蛇口から出す水の量を少なくして、出しっぱなしにしないようにしましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 下水道課
電話:0267-63-0101
ファクス:0267-63-2843

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら