このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

平成26年佐久市議会第4回(12月)定例会招集あいさつ

更新日:2015年2月2日

 平成26年佐久市議会第4回定例会(平成26年11月26日招集)

 招集のご挨拶を申し上げます。
 本日、ここに平成26年第4回定例会を招集しましたところ、議員各位におかれましてはご多忙の折、ご出席を賜りまして誠にありがとうございます。
 議案の総括説明を申し上げます前に、最近の社会情勢並びに本市が取り組んでおります主な施策について申し上げます。

 さて、今月21日、衆議院が解散され、12月14日に総選挙が行われることとなりました。国民生活に直結する来年度の予算編成が大詰めを迎えているこの時期、多くの課題を積み残したまま、政治空白を作ることに、疑問の声が寄せられているところでございます。
 市民の皆様に対しましては、主権者としての自覚と責任のもと、政治参加の機会を逃すことなく、大切な1票を投じていただきますようお願いするものであります。

 また、この度、事務処理の誤りにより、国民健康保険に加入する特定疾病認定者の高額療養費に未払いが生じていることが判明いたしました。
 該当となる方々には、速やかに支払い手続きを進めているところでありますが、改めまして、大勢の皆様にご迷惑をお掛けいたしましたことに対し、深くお詫びを申し上げ、再発防止に努めて参る所存であります。

 続きまして、現在、佐久市が取り組んでおります主な施策につきまして4点申し上げます。

 まず1点目といたしまして、「三河田工業団地用地の処分」について申し上げます。
 本市が取得いたしました、三河田工業団地内の工業用地につきましては、先般、議会全員協議会において、シチズン時計株式会社に一括売却することをご報告申し上げました。その後、今月21日に、同社と土地売買に関する仮契約を締結したところでございます。
 人口減少社会の到来により、企業誘致による雇用の確保及び創出は、地域経済の活性化を図るうえで喫緊の課題であり、佐久市が将来にわたり持続的に発展していく、極めて重要な要素であると考えます。
 本定例会に、関連議案を提出させていただいておりますので、宜しくご審議いただきますようお願いいたします。

 2点目といたしまして、「チャイルドライン推進事業」について申し上げます。
昨年より準備を進めてまいりましたチャイルドラインが、NPO法人「チャイルドライン佐久」の皆様のご尽力により、今月15日、開局いたしました。
 チャイルドラインとは、子どもたちの心に寄り添いながら、子どもたちが自ら問題解決に踏み出すための手助けをする子ども専用の相談電話で、佐久市内での開局は、県下4番目となります。
 NPO法人が主体となる活動ではありますが、市といたしましても、いじめや自殺問題への対応、子育て支援策の一環として、引き続き本事業を支援してまいりたいと考えております。

 3点目といたしまして、「臼田地区の小学校施設整備」について申し上げます。
 臼田地区の小学校施設整備につきましては、臼田地区の区長会、PTA、学識経験者等で組織する検討委員会で、本年5月より議論を重ねていただいたところであります。
 この結果、10月23日の第4回検討委員会におきまして、臼田地区4小学校を1つに統合することが、子どもたちの成長に最も相応しいとの方向性が示されました。
 今後、市では、臼田4地区で住民説明会を開催するとともに、12月1日より全市民を対象に意見公募を行い、寄せられたご意見を基に議論を一層深めてまいりたいと考えております。

 4点目といたしまして、「温水利用型健康運動施設」について申し上げます。
 新クリーンセンターと一体的に整備を進めております「温水利用型健康運動施設」につきましては、準備工を経て10月22日に源泉掘削を開始し、今月24日現在の掘削深度は、153mとなっており、来年3月下旬の完了に向け、引き続き進捗管理に努めてまいりたいと考えております。
 また、DBO事業者の公募につきましては、今月7日をもって募集を締め切らせていただきました。今後、1月下旬を目途に応募者からの提案をいただき、3月中旬には事業者を決定すべく必要な手続きを進めてまいりたいと考えております。

 以上、主な施策について申し上げました。

お問い合わせ

総務部 秘書課
電話:0267-62-2111
ファクス:0267-63-1680

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら