このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

近代美術館

更新日:2015年2月2日

近代美術館の概要

佐久市立近代美術館・油井一二記念館は、昭和58年(1983)5月26日、長野県駒場公園の一角に開館しました。
収蔵するコレクションの母体は佐久市出身の故・油井一二氏(株式会社美術年鑑社初代社長)が50年余にわたり蒐集した近・現代の日本美術作品約400点で、昭和52年(1977)、この作品群が佐久市に寄贈されたことにより美術館建設の機運が熟していきました。
開館後も油井氏をはじめとする多くの作家・所蔵家の方々から作品が寄贈され、現在では約3,000点を超えるコレクションが形成されています。

コレクションは明治以降現在までの日本画・洋画・彫刻・工芸・書・現代美術と幅広く、時代の変遷をたどることができます。

主な事業

(1)美術品や美術に関する資料を収集・保管・展示すること
(2)美術に関する調査研究を行うこと
(3)美術に関する講演会・講習会や美術公募展等を開催すること
(4)その他、美術館の目的を達成するために必要な事業

開催中の展覧会

現在開催している展覧会はこちらからご覧ください。

利用案内

開館時間

9時30分~17時

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館)
年末年始(12月29日~1月3日)
展示替え期間ほか臨時に休館することがあります。

観覧料


個人 団体
(20名以上)
一般 \500 \400
高校・大学生 \400 \300
小・中学生 \250 \200

◎特別企画展の場合は別途定める料金となります。
◎観覧料の減額・免除規定は下記のとおりです。
(1)小学校(特別支援学校の小学部を含む。)の児童及び中学校(中等教育学校の前期課程及び特別支援学校の中学部を含む。)の生徒並びにこれらの引率者が、教育課程に基づく教育活動の一環として観覧するとき全額免除(要事前申請)
(2)身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に規定する身体障害者手帳の交付を受けた者及びその介助者(1人に限る。以下同じ。)が観覧するとき全額免除(当該手帳提示時に限る)
(3)精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条に規定する精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者及びその介助者が観覧するとき全額免除(当該手帳提示時に限る)
(4)療育手帳制度要綱(昭和48年9月27日厚生事務次官通知)に基づく療育手帳の交付を受けた者及びその介助者が観覧するとき全額免除(当該手帳提示時に限る)
(5)戦傷病者特別援護法(昭和38年法律第168号)第4条に規定する戦傷病者手帳の交付を受けた者及びその介助者が観覧するとき全額免除(当該手帳提示時に限る)
(6)「オールマイティパス」の交付を受けた小学一年生が、保護者・家族の同伴のもとで観覧するとき全額免除(当該手帳提示時に限る)※同伴の保護者・家族の観覧料はパスの対象外
(7)未就学児童全額免除
(8)ほか提携する各種団体が発行する会員証などの提示により減額または全額免除

交通案内

  • JR長野新幹線佐久平駅からタクシー約10分
  • JR小海線北中込駅から徒歩約15分
  • 上信越自動車道佐久I.Cまたは佐久平スマートI.C(ETC専用)から約15分
  • 中部横断自動車道佐久南I.C(佐久小諸JCT-佐久南I.C間無料)から約15分

関連リンク

お問い合わせ

社会教育部 近代美術館
電話:0267-67-1055
ファクス:0267-67-1068

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら