このページの先頭です
このページの本文へ移動

第二次佐久市総合計画後期基本計画

更新日:2020年10月27日

佐久市では、第二次佐久市総合計画において定めた将来都市像「快適健康都市 佐久 ~希望をかなえ 選ばれるまちを目指して~ 」の実現に向け、平成29年度から各種施策を進めてきました。
総合計画は、「基本構想」「基本計画」「実施計画」から構成されており、「基本計画」は計画策定から5年後に見直しを行うこととしています。
本市では、人口減少と少子・超高齢化といった全国共通の課題に加え、令和元年東日本台風による被害や、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う社会・経済の影響など、大きな転換期を迎えており、市民意識の変化や新たなニーズが生まれています。
こうした状況に柔軟に対応するため、基本計画を見直し、令和4年度から令和8年度までを計画期間とする後期基本計画の策定を、令和2年度から令和3年度にかけて進めます。

第二次佐久市総合計画の構成

総合計画は、佐久市の目指すまちの姿や、その実現のために必要な基本的施策を明確に示すものであり、佐久市の施策を展開する上での最上位計画に位置付けられる計画です。
総合計画は、「基本構想」「基本計画」「実施計画」により構成されています。

基本構想

10年先の将来に向けて、まちづくりの理念、目指すべき将来都市像、それらを実現するための施策の大綱を定めた長期的なまちづくりの指針(今回の改訂はありません。)

H29~R8
の10年計画

基本計画

基本構想を実現すために、実施すべき具体的場施策の方向性と内容を定めた中期的な計画

H29~R3(前期)
R4~R8(後期)

実施計画

基本計画に定めた施策に基づき、事業を計画的かつ効果的に実施するための短期的、具体的な計画

毎年度見直し
3年計画

◇基本構想および前期基本計画については、次のホームページをご覧ください。

◇実施計画については、次のホームページをご覧ください。

第二次佐久市総合計画後期基本計画の策定経過

策定方針

後期基本計画の策定に向けて、基本的な考え方を示す「第二次佐久市総合計画後期基本計画策定方針」を定めました。
市では、この方針に基づき、計画の策定を進めていきます。

佐久市総合計画審議会

佐久市総合計画審議会の開催状況は、次のホームページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

企画部 企画課
電話:0267-62-3067
ファックス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ