このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

メインメニュー

  • 蔵書検索
  • キッズらいぶらりー
  • 図書館の窓から
  • 移動図書館草笛号ルートマップ

「高校生によるビブリオバトルin佐久」を開催いたしました。

2月2日(土曜日)に「高校生によるビブリオバトルin佐久」を行いました。
ビブリオバトルは書評合戦といわれるものでルールは簡単。(1)おすすめ本を持って集まる。(発表参加者のことをバトラーといいます。)(2)面白さを5分間でアピールした後、みんなで質問タイムを2~3分とります。(3)全員の発表が終わったら読みたくなった本を選び投票しチャンプ本を決定する、というものです。
今回は11名の高校生がバトラーです。順番を抽選で決め発表が始まりました。知っている本も知らない本も新鮮な紹介内容で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。今回のチャンプ本には、土屋美音さんが紹介してくれた塩田武士著「罪の声」(講談社)となりました。前館長の篠原秀郷さんからは講評をしていただき「ビブリオバトルは進化(深化)する」ということで自分の好きな本の周辺からまた世界が広がることやビブリオバトルを通して自分の言葉が鍛えられることなどを話していただきました。観戦者の皆様からは「高校生ってすごい。」「高校生って素敵だね。」という声をいくつも寄せていただきました。
2019年度も行いますのでたくさんの高校生に参加いただけるのをお待ちしております。また、たくさんの皆様に観戦者となり高校生が本を紹介する姿をみていただけたらと思います。

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。
佐久市立図書館 Copyright © SAKU City All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る