このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

オオキンケイギクは特定外来生物です!

更新日:2015年2月2日

オオキンケイギクとは・・・

  • 和名:オオキンケイギク
  • 科名:キク(Compositae)
  • 学名Coreopsis lanceolata
  • 英語名:Lanceleaf tickseed
  • 原産地:北アメリカ(ミシガン~フロリダ、ニューメキシコ)原産
  • 特徴:キク科の多年生草本で、高さは0.3~0.7m程度。路傍、河川敷、線路際、海岸などに生育する。黄橙色の花を咲かせ、開花期は5~7月頃。

市内の生育状況(平成26年6月現在)(その他の特定外来生物についてはこちらへ)

  • 国道142号沿い及び周辺農地、国道141号沿い、御牧ヶ原、野沢付近の千曲川など28地点で確認されました。

国道141号の歩道沿い

国道142号沿い

千曲川堤防法面(佐久大橋~野沢橋)

浅科付近

葉は、細長いへら状で両面に荒い毛が生えている。
葉の周りはなめらかで、葉の横幅は最も広い部分で2センチ程度。

※望月地区では、イヌハギ(環境省VU(絶滅危惧2類-絶滅の危険が増大している種)、長野県N(準絶滅危惧種))と混生している生育地があるため、駆除作業には注意が必要です。

イヌハギと混生している様子

市民の皆様へ駆除のお願い

  • オオキンケイギクは、鉢植えや花壇に利用されていました。強健で冬期のグラウンドカバー効果が高く、花枯姿が汚くないなどの理由で、ワイルドフラワー緑化で最も多く使われたものの一つで、緑化用のポット苗としての生産・流通があった経緯もあります。河川の土手等に黄色い花を一斉に開花することから、地域の住民に親しまれている場合があります
  • 特定外来生物は、飼養・栽培・保管・運搬・譲渡は原則禁止されています(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(以下「外来生物法」といいます。)第4条本文、第7条本文、第8条本文、第9条)。

これ以上、地域の自然環境や農作物に被害を与えないためにも、駆除が必要となります。

対処方法としては、梅雨時に刈り払いを行い、結実を防ぐことが最も繁殖を防ぐことができます。

生育を確認した際の対処方法

(1)オオキンケイギクを確認
(2)駆除の実施
・オオキンケイギクは、外来生物法で特定外来生物に指定され、栽培や生きたままの運搬、譲渡等が原則禁止されています(外来生物法第4条本文等)。また、違反すると罰則に処せられる場合があります(外来生物法第32条~第36条)。
・駆除方法:
根から抜き取る・地際で刈り取る・除草剤を使用する
※オオキンケイギクの種子は、長期間発芽可能な状態で地中に残るため、その年に生えていた個体を全て駆除したとしても、翌年再び生えてくることがあります。地中の種子を増やさないためにも、花が見られてたらできるだけ早く駆除を行うことが必要です。
(3)駆除したものの処分
・オオキンケイギクは、外来生物法で生きている個体の運搬が原則禁止されています(外来生物法第4条本文)。種子等が飛び散らないように、佐久市可燃ゴミ専用指定袋(赤い袋)に入れ、枯死させたのちに処分してください。

リンク集・参考HP

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 環境政策課
電話:0267-62-2917
ファクス:0267-62-2289

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら