このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

佐久市新品目導入試験ほ場での栽培状況について

更新日:2019年12月2日

佐久市営農支援センターでは、新品目の農作物や新技術について、佐久市の気候や風土に合い、かつ経済性を発揮できるか試験し、適合する品目等において農業者へ普及を図るため、佐久市跡部の試験ほ場において事業を進めています。こちらでは、一部ですが、栽培状況を掲載しております。

アスパラガス、ホワイトアスパラガス(密植栽培による収量調査)

品種  ウェルカム

定植日  平成30年4月27日 株間40センチ

栽培状況

4月15日発芽し始める
2019年4月15日 発芽し始める

カモミール(マルチ有無による生育比較調査)

品種  ジャーマンカモミール

定植日  平成30年11月22日  株間35センチ

栽培状況

ビニールハウス内で乾燥
ビニールハウス内で単管パイプにかけ乾燥

ミニトマトの優良品種選定試験

 佐久市内の有力品種であるサンチェリーピュアより、耐病性に優れ、なおかつ食味や樹勢、出荷規格などにおいて良いものを探すために、今年度は対象品種のサンチェリーピュアを含む5種類で試験を実施します。(TTM-117は前年度の結果を受け、今年度再検討。)

品種

サンチェリーピュア

TTM-117
(サマー千果)

N-526 AS-356 キャロルスター

定植日 令和元年5月23日 株間40センチ

栽培状況

5月23日

6月12日(定植から20日) 草丈約55センチ

6月25日(定植から33日) 草丈約80センチ

7月2日(定植から40日) 草丈約120センチ 

8月8日 第1回 優良品種選定試験
JA全農長野、JA佐久浅間、長野県佐久農業改良普及センターの職員の皆さまに品種選定試験を実施していただきました。
草勢、開花数、果のそろい、糖度等について試験を行いました。

佐久古太きゅうりの実証展示栽培

 佐久古太きゅうりは、昭和20年代から佐久地方で広く栽培されてきました。佐久に古くからある太いきゅうりということで、生産者によって「佐久古太きゅうり」と名付けられました。普通のきゅうりより太く短く、黒いイボと実の半分が白い見た目が特徴です。平成29年には「佐久古太きゅうり保存会」が発足し、伝統的な栽培方法や特徴を保存・継承するとともに、「信州の伝統野菜」として普及拡大を図る活動をしています。
 当試験ほ場では、平成23年度から継続して実証展示栽培を行い、栽培者を増加させるための取り組みを行っています。

定植日 令和元年5月23日 株間180センチ 

栽培状況

ほ場古太きゅうりの栽培状況
5月23日定植後の古太きゅうり

ベニバナインゲンの栽培適性試験

栽培適地が標高800メートル以上であるベニバナインゲンが、標高約670メートルの当試験ほ場でどの程度(収穫量、品質)を収穫できるか試験を行います。

定植日 令和元年6月5日 株間150センチ

栽培状況

6月5日(定植)の写真
6月5日(定植)

ベニバナインゲン収穫調査結果
規格 収穫数(個) 収穫量(g) 1個平均重(g) 規格別(g) 等級比率
大A 534 1620 3.0 4090 67.4%
中A 1064 2280 2.1
小A 133 190 1.4
大B 132 300 2.3 1480 24.4%
中B 593 1140 1.9
小B 53 40 0.8
規格外 353 500   500 8%
2862 6070   6070 100%
1株当 357.8 758.8      

メロンの実証展示栽培

遊休期間の長い水稲育苗ハウスを有効利用し、少ない投資で所得向上が図れるよう、果樹の試験栽培を行います。
今年度は、メロンをプランターで栽培しています。プランター栽培は、ハウス内を耕起しないため、翌年の水稲育苗には影響なく、残留農薬の被害も回避できます。また、プランターによる隔離栽培のため、土壌病害等のリスクを軽減することができます。

定植日 令和元年6月20日 株間50センチ

品種 パンナ、レノン (各16本)

栽培状況

パンナ糖度調査結果
収穫日

9月10日
(水切り開始)

9月17日
(収穫適期)

糖度測定日 9月11日 9月17日

9月24日

(1週間追熟)

9月30日

(2週間追熟)

交配日からの日数 50日 57日 57日 57日
糖度 果肉中心部 9.0 17.2 14.2 14.1
果肉外側   10.2 9.7 8.8

レノン糖度調査試験結果
収穫日 9月17日

9月24日
(収穫適期)

糖度測定日 9月17日

9月24日
(1週間追熟)

9月24日

9月30日
(1週間追熟)

交配日からの日数 50日 50日 57日 57日
糖度 果肉中心部 12.7

13.3

17.9 16.5
果肉外側   7.3 11.3 12.4

ズッキーニの優良品種選定試験

佐久市の有力品目であるズッキーニの秋季収穫品種について、耐病性や樹勢、出荷規格などにおいて良いものを探すために対象品種(グリーンボード2号)を含み5品種での試験を実施

品種

グリーンボード2号 KZ-パワー KAQ-019 試交652 TSX-731Z

定植日 令和元年7月30日  株間 100センチ

栽培状況

7月30日

7月30日定植時の写真
定植時の苗の様子

8月7日(定植から1週間)

8月15日(定植から2週間)

8月22日(定植から3週間)

ハウスを利用したホワイトトウモロコシの実証展示栽培

遊休期間の長い水稲育苗ハウスを有効利用し、少ない投資で所得向上が図れるよう野菜の試験栽培を行います。ホワイトトウモロコシを通常の栽培期間より遅らせて栽培することで、供給が減る時期に収穫・出荷できるか試験を行います。

定植日 令和元年8月6日 株間50センチ

栽培状況

ホワイトトウモロコシ収穫内容
200g未満 1本
200g以上250g未満 3本
250g以上300g未満 4本
300g以上 2本

冬至かぼちゃの適性品種試験

転作作物の有力品種として、また、カモミールの後作作物として、3品種を比較栽培を行います。

品 種

試験品種
栗五郎 ジェジェJ W8902

定植日 令和元年7月30日  株間40センチ

栽培状況

収穫内容
 

栗五郎

ジェジェJ W8902

定植量

73本 28本 29本

2.0キログラム未満

 7個(11%) 6個(35%) 6個(26%)

2.0キログラム以上2.4キログラム未満

19個(31%) 0個 2個(9%)
2.4キログラム以上 35個(57%) 11個(65%)

15個(65%)

合計 61個 17個 23個
食味試験結果
試験項目 栗五郎 ジェジェJ W8902
3.94 3.29 2.9
甘さ 3.51 2.94 2.49
果皮の硬さ 2.26 3.44 3.67
食感 2.52 3.4 3.22
果肉色 3.62 3.52 3.3

各試験項目5段階評価の平均点
【味】1不良~5良 【甘さ】1薄い~5濃い 【果皮の硬さ】1柔かい~5硬い 【食感】1粘り~5粉 【果肉色】1黄色~5オレンジ

冬季野菜栽培品目検討試験

 市内の直売所等においては、冬期間も地物野菜に対する顧客の需要がありますが、その時期は品薄な状態となっています。そのため、本試験では冬季の出荷を想定し、無加温の施設内において播種日や栽培方法の組み合わせにより収穫可能な期間を把握するための試験を行います。

栽培品目

外張+内張ハウス(プランター栽培)
ホウレンソウ コマツナ ツケナ カラシナ 芽キャベツ
ミニハクサイ タアサイ エンドウマメ ソラマメ  

外張(内張なし)ハウス(トンネル栽培)
ホウレンソウ コマツナ ツケナ カラシナ

栽培状況

外張+内張ハウス(プランター栽培)

外張(内張なし)ハウス(トンネル栽培)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

経済部 農政課
電話:0267-62-3203
ファクス:0267-62-2269

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら