このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

M31(アンドロメダ銀河)

更新日:2015年2月2日

銀河 M31の画像です。

誰もが1度は耳にしたことがある「アンドロメダ星雲」の姿です。この天体は系外銀河なので、厳密には「アンドロメダ銀河」ということになります。空のよいところでは肉眼でも見え、双眼鏡で渦巻きの様子が見え始めます。望遠鏡では倍率を上げると視野からはみ出して一部しか見えません。図鑑の写真などであまりにも有名なため実際に見ると意外と淡い見え方にがっかりするかも知れませんが、目が慣れてくるとその大きさ、立派さにはやはり驚かされます。見逃せない名所です。
[撮影データ]2007年8月13日 25時55分~ 5分×10 タカハシFS-60c+フラットナー(6cmF6.2) ニコンD50(ISO1600)

お問い合わせ

社会教育部 文化振興課
電話:0267-62-5535(文化振興・文化施設係)、0267-63-5321(文化財保護・文化財調査係)
ファクス:0267-64-6132(文化振興・文化施設係)、0267-63-5322(文化財保護・文化財調査係)

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら