このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • ホーム
  • イベント情報
  • 収蔵美術品・作家
  • 企画展覧会情報
  • 美術館案内
サイトメニューここまで

本文ここから

Q. ピカソの絵の人物はどうしてゆがんでいるの?

更新日:2015年2月2日

A.いろいろ角度から見た物の形を一枚の絵にしているからです

この描き方は「キュビズム」と呼ばれていて、ピカソが最初に始めました。ひとつの場所からではなく、いろいろな角度から見た物の形を、一枚の絵におさめる描き方です。ですからキュビズムで描くと、真横から見た顔と真正面から見た顔がつながった、ゆがんで見える絵になります。

ピカソの時代にキュビズムを初めて見た人は驚いたり馬鹿にしたりしましたが、やがてたくさんの画家がキュビズムの絵を描きました。

本文ここまで

以下フッターです。

佐久市立近代美術館 油井一二記念館

〒385-0011
長野県佐久市猿久保35番地5
電話:0267-67-1055
ファックス:0267-67-1068
お問い合わせはこちら
アクセス方法
アクセスマップ

休館日

毎週月曜日(休日の場合は開館)
展示替え期間(不定期)
年末年始期間(12月29日~1月3日)
ほか臨時休館することがあります。

開館時間

午前9時30分~午後5時

Copyright © SAKU Municipal Museum of Modern Art. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る