このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

みずがめ座

更新日:2016年3月2日

星座データ

 正式名…Aquarius 略号…Aqr 肉眼星数…113個 設定者…プトレマイオス
 見やすい時期…9月~12月

星座物語

星座の本を見ると、みずがめ座は男の人が水がめをかついだ姿に描かれています。ギリシア神話では、この男の人はガニメデスという美少年だとされています。神々の住むオリンポス山では酒宴を開くとき、大神ゼウスの娘ヘーベがお酌の役目を務めていました。けれどもこのヘーベはヘルクレスと結婚することになり、かわりの者を見つけなければなりました。ゼウスはトロイア国の王子であるガニメデスに目をつけ、大きな黒わしに変身すると、雷とともに地上に舞い降りてこの美少年をさらっていきました。両親は最初は大変悲しみましたが、後で息子が天界に召されて年も取らずに幸福に暮らしていることを知って喜んだといわれています。このときゼウスが変身した黒わしも星になって、わし座として夏の夜空に輝いています。

みずがめ座の見つけ方

暗い星が広い範囲にばらばらと散らばっていてつなぎにくい星座です。ペガススの四辺形からペガスス座をつなぎ、その下にある「三ツ矢マーク」を見つけましょう。そこから南の方は一等星フォーマルハウトまで、西の方はやぎ座の上まで、星の並びをていねいにつないでいきます。出来上がるとその意外な大きさにきっと驚くことでしょう。

みずがめ座の星雲・星団

球状星団M2……ペガスス座のM15、やぎ座のM30と並んで秋の夜空を彩る「球状星団トリオ」の一つです。どれも同じような見え方ですが、さびしい秋の南天では貴重な存在です。

らせん星雲(NGC7293)……比較的有名な大型の惑星状星雲。淡いですが、中型以上の望遠鏡でリング状に見えてきます。

お問い合わせ

社会教育部 文化振興課
電話:0267-62-5535(文化振興・文化施設係)、0267-63-5321(文化財保護・文化財調査係)
ファクス:0267-64-6132(文化振興・文化施設係)、0267-63-5322(文化財保護・文化財調査係)

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら