このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

カシオペヤ座

更新日:2016年2月28日

星座データ

 正式名…Casiopeia 略号…Cas 肉眼星数…106個 設定者…プトレマイオス
 見やすい時期…9月~2月

星座物語

カシオペヤ座は有名な星座ですが、このカシオペヤというのは、ギリシア神話に登場するエチオピア国の王妃です。王妃にはケフェウス王との間に、アンドロメダ姫という美しい娘がありました。母カシオペヤは事あるごとにこの娘を自慢していましたが、あるとき海の神ポセイドンにお仕えする50人の妖精ネレイデスを引き合いに出し、「うちの娘一人の足元にも及びません」と言い放ちました。これを聞いたポセイドンは怒り、エチオピアは大津波が打ち寄せたり、怪物くじらがでてきて町を荒らし回ったりと、大変なことになってしまいます。困ったケフェウス王が神様にお伺いを立てると、「娘を怪物くじらに生けにえとして差し出すしかない」というお告げが下ります。こうしてアンドロメダは怪物くじらに捧げられることになり、カシオペアは後にこの事件の天罰として椅子に腰かけ両手を上げたまま、北極星のまわりを休みなく回り続けなければならなくなったということです。かわいそうなアンドロメダがどうなったかは、アンドロメダ座の星座物語をご覧ください。

カシオペヤ座の見つけ方

秋の間は北の空を見上げればかんたんに見つかります。高く上ると「W」というより「M」の形になります。図のようにして北極星を見つけることができます。

カシオペヤ座の星雲・星団

 散開星団NGC7789…双眼鏡ではぼーっとした光の固まりにみえますが、望遠鏡では光の粉をまいたようなすばらしい姿を楽しめます。

散光星雲NGC281…小さく暗い星雲ですが、形の面白さで少し有名な天体です。中型以上の望遠鏡で見ることができます。

お問い合わせ

社会教育部 文化振興課
電話:0267-62-5535(文化振興・文化施設係)、0267-63-5321(文化財保護・文化財調査係)
ファクス:0267-64-6132(文化振興・文化施設係)、0267-63-5322(文化財保護・文化財調査係)

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら