このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

ペルセウス座

更新日:2016年3月3日

星座データ

 正式名…Perseus 略号…Per 肉眼星数…122個 設定者…プトレマイオス
 見やすい時期…11月~3月

星座物語

流星群の名前としても有名なペルセウス座は、ギリシア神話の勇士ペルセウスが星座になったものです。ペルセウスはアルゴス国の王女ダナエと大神ゼウスの間に生まれた子供でしたが、生まれてすぐに「自分の孫に殺される」という予言を受けた祖父アクリシオス王によって母親と一緒に箱詰めにされ、海に流されます。箱はセリフォス島に流れ着き、二人はそこで暮らすことになりました。ところが島の王ポリデュクテスがダナエに恋心をいだき、じゃまなペルセウスを亡き者にしようと、メドゥーサ退治を命じました。メドゥーサは髪の毛が蛇でできた女性の怪物で、その姿を見たものはたちまち石になってしまうといわれています。ペルセウスは苦労の末この怪物を倒し、その帰りにアンドロメダを救うことになります。その後ペルセウスはアルゴスに戻りますが、あるとき円盤投げの競技に出たところ、投げた円盤がたまたま観客席のアクリシオスに当たり、アクリシオスは死んでしまいます。予言は意外な形で的中したのでした。

ペルセウス座の見つけ方

カシオペヤ座から南東方向に向かってすばるまで、カーブを描きながら伸びる星の並びがペルセウス座です。明るい星が多いので苦労なく見つけられます。このカーブをもとにまわりの暗い星をつなぐと、剣を振り上げた融資の姿を描くことができます。

ペルセウス座の星雲・星団

二重星団…h-χ(エイチ・カイ)とも呼ばれています。散開星団(ぱらぱらとした星の集まり)は空じゅうのあちこちにありますが、二重星団はこの散開星団がペアになった珍しいものです。双眼鏡でもわかりますが、低倍率の望遠鏡で見ると目の覚めるような美しさです。

小あれい状星雲(M76)…ペルセウスの剣先近くにある小型の惑星状星雲。子ぎつね座のあれい状星雲を小さくしたような形からこの名がついています。

お問い合わせ

社会教育部 文化振興課
電話:0267-62-5535(文化振興・文化施設係)、0267-63-5321(文化財保護・文化財調査係)
ファクス:0267-64-6132(文化振興・文化施設係)、0267-63-5322(文化財保護・文化財調査係)

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら