このページの先頭です
このページの本文へ移動

学校給食費の改定を検討しています

更新日:2024年2月19日

給食費の改定についていただいたご意見

 給食費の改定について、寄せていただいたご意見はこちらです。
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。・給食費の改定についてのご意見(PDF:577KB)

令和6年度 給食費の改定について(お知らせ その2)

 現在、教育委員会・各学校給食センター運営委員会において、市内公立小中学校の給食費改定を検討しています。
 「お知らせ その1」では、これまでの経過や改定の必要性などをお知らせしましたが、今回は、改定に関する検討具体案を説明いたします。
 改定の必要性をご理解いただき、ご協力をお願い申し上げます。

給食費改定(1食あたり、下段()書きは年間200食の場合の参考額)
  現行額 増額

改定後の額
(令和6年4月より)

激変緩和措置(案)
小学生

270円
(54,000円)

40円
(8,000円)

310円
(62,000円)

市補助20円 実質保護者負担額290円
中学生

310円
(62,000円)

40円
(8,000円)

350円
(70,000円)

市補助20円 実質保護者負担額330円

※激変緩和措置として令和6年度は20円を市が補助し、保護者の負担軽減を検討しております。
※この他にも就学援助費等の負担割合の見直しにより、経済的理由による就学困難世帯等への支援の充実を検討しております。
※これらの措置による支援策は、市の予算を伴うため、今後議会の議決が必要となります。(令和6年3月予定)

※詳しくは以下のリンクサイトをご覧ください。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。令和6年度 給食費の改定について(お知らせ その2)(PDF:371KB)

令和6年度 給食費の改定について(お知らせ その1)

 佐久市の学校給食費は、平成26年(2014年)4月に現行の額(小学校270円【年間約54,000円】、中学校310円【年間約62,000円】)に改定して以来、約10年間にわたり据え置いており、その間、献立や食材調達等を工夫するなどにより、給食の質、量等を維持してきました。
 しかし、昨今の社会情勢の変化により物価が高騰し、現行の学校給食費においては、食材の安定確保が難しくなっています。令和4・5年度はコロナ禍における国からの交付金や市の補助を受けて、保護者の皆様の増額負担なく対応をしてきましたが、予想を超える物価高騰が続いていることから、これまでの対応では、栄養バランスや献立水準の維持が非常に困難となっています。
 このような状況を踏まえ、現在、教育委員会では令和6年(2024年)4月からの給食費改定を検討しています。
 今回は、まず第一弾として、これまでの経過や改定の必要性などをお知らせします。
 なお、今後、各給食センター運営委員会において審議が行われますので、具体的な改定額などは改めてお知らせしてまいります。

【詳しい資料はこちら】

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。令和6年度 給食費の改定について(お知らせ その1)(PDF:3,470KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

学校教育部 学校給食課
電話:0267-62-3493
ファックス:0267-62-7862

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ