このページの先頭です
このページの本文へ移動

令和元年度 佐久市子どもまつり 開催報告

更新日:2019年11月29日

佐久市子どもまつりが開催されました。
たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました。

6月30日(日曜)野沢会館にて、親子で様々な玩具などを製作したり、実際に遊ぶことを通じて、手作り玩具の楽しさを知ってもらうとともに、幅広い年齢層の指導者との交流、そして親子のふれあいの場となることを目的に開催しました。
当日は、1300人近い方々に参加していただき、様々なものづくり体験をしていただきました。

開会式ではスタッフをはじめ多くの来場者の皆様に参加していただきました。

佐久市ジュニアリーダー研修生の折橋(おりはし)さんによる開会宣言で子どもまつりが開会されました。

毎年人気のスライム!

機械に砂糖を入れ、わたあめを自分で作って食べました。

トイレットペーパーの芯を使った、エコ芯クラフト作りを体験しました。動物の形などを作りました。

割りばし鉄砲では、割りばしを使って鉄砲を作り、的当てに挑戦しました。
ジュニアリーダー研修生も指導者として頑張りました。

新聞紙を使って、エコバッグを作りました。
柄などを工夫して、自分だけのバッグができました。

失敗してしまう人もたくさん?
バルーンアートでは、一生懸命に作っている人が大勢いました。

コマやけん玉など、昔ながらの遊びを体験しました。

毛糸で作ろうでは、ジュニアリーダー研修生などの指導者に教わりながら、毛糸を使ってボンボンなどを作りました。

ガールスカウトの皆さんに指導してもらいながら、フェルトを使ったものづくりなどを行いました。

プラメダルのブースでは、プラスチックのカップに絵を描きトースターで熱することで、自分だけのメダルを作りました。

災害時に食べるアルファ化米の試食もおこないました。

お問い合わせ

社会教育部 生涯学習課
電話:0267-62-0671
ファックス:0267-64-6132

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ