猫に対する不妊・去勢手術の補助金を交付します

更新日:2020年1月6日

【重要】これから申請される方へお願い

・令和元年度(2019年度)の補助金予算額(飼い猫分)が残りわずかとなっています。
・これから飼い猫に不妊・去勢手術を実施し、補助金申請をお考えの方は、手術前に予算の状況を必ず環境政策課(電話62-2917)へお問い合わせください。
予算額に達した場合は、申請しても受け付けられませんのでご注意ください。
令和元年度(2019年度)に手術を実施した場合は、当該年度中に申請を行う必要があります。令和2年4月以降に令和元年度(2019年度)に手術した不妊・去勢手術に係る補助金申請は受け付けられませんので、ご注意ください。
・なお、飼い主のいない猫の補助金申請は、引き続き受け付けしています。

令和元年度(2019年度)猫の不妊・去勢手術費に対する補助金の交付について

飼い主のいない猫の増加を防止し、市民の快適な生活環境の保持を図るため、飼い猫又は飼い主のいない猫の不妊手術又は去勢手術に要する経費に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。

飼い猫の補助金交付申請

飼い猫
対象

市内在住市税等の滞納がない方で、平成31年4月1日から令和2年3月31日までに市内の動物病院で不妊・去勢手術を受けさせた方
※予算の範囲内で補助を行いますので、年度途中であっても申請額が予算額に達した場合は受付を終了いたします。

補助金額

不妊手術(メス)上限5,000円/頭
去勢手術(オス)上限3,000円/頭

補助頭数 200頭程度(オスとメス同頭数補助した場合の目安となります)
申請に必要なもの

申請書(手術を行った獣医師の証明
同意書
手術を証明する領収書の原本
※手術後の申請となります。

複数頭同時に申請する場合でも、一頭につき1枚の【飼い猫用】申請書(兼請求書)が必要となりますので、ご注意ください。

飼い主のいない猫(野良猫)の補助金交付申請

飼い主のいない猫(野良猫)
対象

市内に居住する個人又は市内で活動する団体で、平成31年4月1日から令和2年3月31日までに市内の動物病院で不妊・去勢手術を受けさせた方
※予算の範囲内で補助を行いますので、年度途中であっても申請額が予算額に達した場合は受付を終了いたします。

補助金額

不妊手術(メス)上限5,000円/頭
去勢手術(オス)上限3,000円/頭

補助頭数 450頭程度(オスとメス同頭数補助した場合の目安となります)
申請に必要なもの

申請書(手術を行った獣医師の証明
手術を証明する領収書の原本
※手術後の申請となります。

複数頭同時に申請する場合でも、一頭につき1枚の【飼い主のいない猫用】申請書(兼請求書)が必要となりますので、ご注意ください。

※飼い主のいない猫(野良猫)に不妊・去勢手術を受けさせた方は、以下の事項を遵守してください(佐久市猫繁殖制限手術費補助金交付要綱第7条参照)。

  • 繁殖制限手術後の飼い主のいない猫のうち、譲渡可能なものについては終生屋内飼養をする者へ譲渡するよう努めること
  • 繁殖制限手術後の飼い主のいない猫を当該手術前の生息場所に戻す場合は、トイレの設置、餌の適正な管理等周辺環境の美化を図るとともに近隣住民の理解を得るよう努めること
  • 繁殖制限手術後の飼い主のいない猫が、当該手術済みであることを識別できるよう耳カット等の措置を講ずること

要綱・申請書等ダウンロード

お問い合わせ

環境部 環境政策課