このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

合併処理浄化槽届出関係

更新日:2019年6月20日

設置時提出書類

設置届出書、様式2号、様式3号、し尿浄化槽設計概要書、工事完了報告書、使用開始報告書
(提出部数は、書類により異なります。添付書類の内容確認等があるため、下水道課窓口での提出をお願いします。

浄化槽処理水を地下浸透処理する場合、事前協議が必要となります。
試験協議前には、周辺の井戸の有無を申請者自ら確認いただき、周辺図等に井戸の有無、井戸があった場合はその位置を記載してください。
井戸があった場合は、井戸所有者の承諾書が必要となります。

設置後の変更等に係る提出書類

*管理者変更報告書(相続、売買等により浄化槽管理者が変更となったとき)
*技術管理者変更報告書(大型浄化槽設置者で技術管理者を定めており、技術管理者が変更となった場合)
・浄化槽使用休止届(おおよそ1年以上浄化槽を使用する予定がない場合。なお、浄化槽の清掃をした後、休止してください。)
・浄化槽使用開始(再開)報告書(休止していた浄化槽使用を再開するとき。なお、再開に当たっては浄化槽保守点検業者に点検を依頼し点検を行ってから使用を開始してください。)

(提出部数 正本1部、郵送可)

廃止時提出書類

・廃止報告書

(提出部数 正本1部、郵送可)

使用に関する浄化槽管理者の変更等について

*貸家について居住者(借主)が実際に浄化槽を管理する場合、居住者が変更となった際には、管理者変更報告書を提出してください。(なお、退去時の浄化槽の清掃について、借主の責任において行うか、貸主が行うか契約時に明確にしておいてください。)
 貸主が、浄化槽を管理する場合は必要ありません。
*相続等発生した場合、必ず管理者変更報告書を提出してください。
*住宅等の売買により、浄化槽設置済みの住宅に転居しお住まいになられる場合、また、住宅以外の建物(事務所、工場等)を所有した場合にも、必ず管理者変更報告書を提出してください。
*浄化槽処理水の放流のための同意、もしくは河川占用許可等がある場合は、河川占用許可等を発行している河川等管理者にも変更の連絡をお願いします。
*浄化槽法第11条による法定検査の実施通知は、浄化槽管理者に対し通知されます。
*長期間(1年以上)浄化槽を使用しない予定の方は、浄化槽使用休止届を提出してください。提出がない場合、使用していなくても浄化槽法定検査の対象となる場合があります。

届出窓口

郵便番号 385-8790 佐久市中込1335
佐久市下水道管理センター内  佐久市 環境部 下水道課

個人情報の取り扱いについて

 設置届などに記載された個人情報は、届出の事務処理(県及び市)に使用するほか、浄化槽の法定検査を行うための指定検査機関に提供します。なお、指定検査機関には個人情報の適正な取り扱いを指導しております。

お問い合わせ

環境部 下水道課
電話:0267-63-0101
ファクス:0267-63-2843

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら