このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

古紙類(資源A)の分別

更新日:2018年2月5日

収集の対象となるもの

新聞紙、折り込み広告

新聞紙、折り込み広告

  • 分別の内容が確認できないため、新聞店等で提供される整理袋等には入れて出さないでください。

ダンボール

ダンボールのみ

  • プラスチック類や金属類が付着しているものは除いてください。

古本・雑誌・雑がみ

封筒、はがき、包装紙、紙製の芯、菓子等の箱、紙袋、カタログ、コピー用紙等

  • プラスチックやビニール等の部分は外してください。
  • 紙袋に入れ、袋の上部をホチキスでとめて排出することができます。

収集の対象とならないもの

リサイクルできない古紙類(可燃ごみとして出してください)

  • 写真、写真プリント用紙
  • カーボン紙、感圧複写紙(宅急便の複写伝票など)
  • 防水加工された紙(紙コップ、紙皿、紙製のヨーグルトの容器など)
  • 圧着はがき
  • 食べ物、油等で汚れた紙
  • テープなど粘着物のついたもの
  • においのついた紙(洗濯用洗剤の箱等)
  • 感熱紙(レシート、FAX用紙)
  • 金色、銀色の紙

分け方、出し方

種類ごとに分別し、ヒモで十字にしばりましょう

ごみの種類によって、「新聞紙、折り込み広告」、「ダンボール」、「古本・雑誌・雑がみ」の3種類に分別し、種類ごとに別々にヒモで十字にしばってください。
しばるひもは、ビニールひもでも構いません。

決められた日にごみステーションへ出しましょう

ごみカレンダーで決められた日に、ごみステーションへ出してください。

分別ワンポイント

  • 可燃ごみの中に、リサイクルできる古紙類の混入が多く見られます。古紙類をきちんと分別して、可燃ごみを減らしましょう。
  • 「雑がみ」は紙袋に入れて、袋の上部をホチキスでとめるか、袋ごとヒモで十字にしばってごみステーションへ出すこともできます。

あわせてこちらもご覧ください

お問い合わせ

環境部 生活環境課
電話:0267-62-3094
ファクス:0267-62-2289

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら