このページの先頭です
このページの本文へ移動

未来の保育士必見 保育士修学資金の紹介

更新日:2021年10月26日

保育士を目指す学生を修学資金で応援します。

佐久市では、経済的な理由で修学が困難でありながらも、保育士を目指している方へ修学資金を貸与し、支援します。
この修学資金を卒業後に返還していただく制度です。
募集要項は令和4年2月頃に配布予定です。

佐久市保育士修学資金について

  1. 保育士養成課程の大学・短期大学・専門学校等に進学・在学している学生が対象です。(通信教育・通信課程の学生は対象となりません)
  2. 定員は10名以内(選考審査あり)です。
  3. 卒業後、原則として償還(返済)が必要な貸与型奨学金です。

ただし、卒業後に以下の3つの条件を満たした場合は、償還(返済)が全額免除となります。
(条件1)佐久市保育士修学資金を利用した期間の2倍の年数は、
(条件2)佐久市内に居住しながら、
(条件3)佐久市指定の保育施設に保育士として勤務する

概要はチラシ若しくは、下記の「令和3年度佐久市保育士修学資金奨学生募集要項」をご覧ください。
(注釈)令和3年度の募集は終了しました。

(募集終了しました)令和3年度佐久市保育士修学資金奨学生募集要項

申請のための提出書類

(4)成績証明書(任意様式)
(5)健康診断書(任意様式)
(注意事項)高等学校等で実施した定期健康診断の結果を提出する場合は、受検後1年以内の診断結果に限ります。
(6)保育士養成課程の学校が発行する在学証明書

佐久市保育士修学資金を選ぶメリット

償還(返済)の全額免除制度があります。

【償還免除の範囲】全額免除
【免除制度利用のための3条件】
(条件1)佐久市保育士修学資金を利用した2倍の年数は、
(条件2)佐久市内に居住しながら、
(条件3)佐久市指定の保育施設に保育士として勤務する
【保育士としての勤務条件】
保育施設の公立・私立は問いません。
(注釈)幼稚園に勤務する場合も、保育士として勤務することが必要です。
常勤、常勤に準ずる保育士であること
(注釈)常勤準ずる保育士は、年間を通じ、6時間以上勤務する日が毎月20日以上ある雇用形態を示します。

償還(返済)する場合も安心です。

この修学資金の免除制度を利用しない場合、免除要件に該当しない(該当しなくなった)場合、
償還のルールは以下のとおりです。
(1)佐久市保育士修学資金は無利息
(2)償還開始は卒業6か月後から
(3)償還期限は修学資金を利用した期間の2倍の期間まで
短期大学で2年間利用した場合は、4年間
(4)償還方法は「毎月・半年ごと・年1回ずつ・全額一括」から選択
(5)生活が安定し、余裕がある時は「繰り上げ償還」も可
(6)納入は口座振替で安心

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

学校教育部 学校教育課
電話:0267-62-3478
ファックス:0267-62-7862

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ