このページの先頭です
このページの本文へ移動

【情報追加】令和2年度佐久市奨学金(貸与型)の奨学生募集中です

更新日:2020年4月16日

申請書添付書類の提出期限延長について

新型コロナウィルス感染症拡大に伴う「緊急事態宣言」を受け、大学等から証明書を取得できない場合の対応を
以下のとおり、お知らせします。

  • 大学等の都合により証明書等を取得できない場合に限り、以下の証明書の提出期限を令和2年5月21日(木曜日)まで延長します。
  • 証明書以外の申請者が記入する書類の提出期限は従来どおりです。

(注釈)従来の提出期限は令和2年4月30日までです。
大学等が発行する証明書の提出期限延長を適用する場合は、事前にご相談をお願いします。

提出書類の種類と期限(新規申請の方)
区分書類提出期限
新規申請の方
  • 在学証明書
  • 成績証明書
  • 推薦調書
令和2年5月21日(木曜日)
新規申請の方
  • 佐久市奨学金貸与希望届
  • 佐久市奨学金貸与申請書
  • 健康診断書

令和2年4月30日(木曜日)
こちらの書類に延長措置はありません。

提出書類の種類と期限(継続申請の方)
区分書類提出期限
継続申請の方
  • 在学証明書
令和2年5月21日(木曜日)
継続申請の方
  • 佐久市奨学金貸与希望届
  • 佐久市奨学金貸与申請書

令和2年4月30日(木曜日)
こちらの書類に延長措置はありません。


令和2年度佐久市奨学金(貸与型)募集要項

佐久市は、修学の意志と能力がありながら、経済的な理由で修学が困難な学生に奨学金を貸与し、進学を支援します。
お申し込みの際には、こちらの「令和2年度佐久市奨学金(貸与型)募集要項改訂版」をご確認ください。
申込期限は令和2年4月30日(木曜日)までとなっております。

奨学金貸与の要件等

1貸与対象者および貸与額(月額)

国公立

高校生

10,000円

高専生

15,000円

専門学校生

30,000円

短大生

30,000円

大学生

30,000円
私立

高校生

15,000円

専門学校生

40,000円

短大生

40,000円

大学生

40,000円

※通信制・通信教育を除きます。

2貸与方法

6月末と9月末に、6か月分ずつ口座振込で貸与します。

3貸与期間

その学校の正規の修業期間内

4利息

佐久市奨学金は無利息です。

5貸与の要件

上記の学校へ進学が確定した方、または在学中の方のうち、以下の6つの事項を満たすこと。
(1)佐久市に生活の本拠を有している者の子弟であること。
(2)学業および資質に優れ、かつ、健康であること。
(3)経済的理由により修学が困難と認められること。
(4)独立行政法人日本学生支援機構その他これに類する団体から学資などの貸与を受けていないこと。
(5)授業料が全額免除されていないこと。
(6)親権者に市税等の滞納がないこと。

6学力基準の注意事項

大学・短大に進学時に新たに申請する場合、原則として高等学校等在学中の全履修科目の学習成績に係る平均評定が3.5以上あること。
また、大学・短大の在学生(2年次以降)が新たに申請する場合は、
高等学校等卒業時の学習成績の他に、在学中の大学・短大の学習成績証明により申請ができます。
詳しくは、下記窓口へご相談ください。

7貸与の要件に該当しなくなった場合は

「5貸与の要件」に掲げる(1)から(6)の要件に該当しなくなった際、貸与した奨学金を直ちに返還を求めます。
特に、佐久市奨学基金は、奨学生の保護(多重債務の回避)の観点から貸与の併用を認めていません。
(独)日本学生支援機構等の奨学金の貸与申込はできますが、貸与が決定した時点で、
その旨をすみやかに佐久市教育委員会へ申し出てください。
なお、貸与の併用が判明した際には、貸与した奨学金を直ちに返還していただきます。

8(参考)令和元年度の家計基準モデル

4人世帯の収入基準を想定した場合です。
(1)本人(自宅外の下宿から私立大学へ通学)…年間授業料87万円
(2)父親(給与所得のみ)
(3)母親(所得なし)
(4)弟もしくは妹が1人(自宅から公立高校に通学)
この条件を計算すると、この世帯の給与所得は847万円以内の方が対象となります。

9申請書類

(4)成績証明書(任意様式)
(5)健康診断書(任意様式)
学校の定期健康診断結果を提出する場合は、1年以内の診断結果
(6)在学証明書
令和2年4月1日以降に作成されたもの
申請時に提出できない場合は、合格通知書で代用できますが、在学証明書取得後に再提出をお願いします。

10申込受付期限・申込先

【受付期限】令和2年4月30日(木曜日)午後5時15分まで【厳守】
【申込先】学校教育課(佐久市役所南棟3階旧佐久消防署)
【申込方法】持参(郵送不可)
(注釈)一部の証明書の提出期限を変更しています。要項をご確認ください。

11貸与の決定

選考委員会(令和2年5月開催予定)で審査のうえ、決定します。

奨学金の償還(返済)について

1奨学金の償還(返済)期限と方法等

(1)償還(返済)は貸与期間の2倍の期間までとなっています。
(2)貸与期間終了(卒業)した6か月後から償還(返済)が開始します。
(3)償還(返済)方法は「月賦・半年賦・年賦・一括」から選ぶことができます。
また、半年賦・月賦償還(返済)を選択した場合は、償還(返済)額を毎回均等に償還する「均等償還」に加え、
償還(返済)を始めた時期は償還(返済)額を少額に抑え、年々償還(返済)額を増やしていく方法も選択できます。
(4)償還ペースを繰り上げて早期に償還終了する「繰り上げ償還」も可能です。

2(参考)4年間奨学金を利用した場合、奨学金貸与から償還(返済)終了まで

令和2年4月に4年制大学(私立)へ入学し、奨学金を4年間利用した場合を想定します。

(1)令和2年4月に進学先が確定した後、奨学金の申込(新規)します。
(2)奨学金の貸与が決定すると、毎年6月、9月に奨学金(各24万円)が貸与されます。
※2年目以降も継続申込の書類を提出してください。
(例)佐久市奨学金申請書、在学証明書
(3)令和6年3月の卒業と同時に貸与期間が終了します。(貸与総額192万円)
(4)令和6年4月~9月までの6か月は猶予期間です。
(5)令和6年10月から償還(返済)が開始します。
(6)令和14年9月が償還(返済)期限です。

佐久市奨学基金奨学金償還(返済)金一部免除について

1制度の概要

【対象者】平成29年度以降、新たに償還(返済)が始まる方が対象です。
【免除の範囲】毎回の償還額のうち、3分の1以内を免除できます。
【免除要件】
(1)佐久市に居住していること。
(2)就業していること。
※就業地(勤務地)は佐久市内に限りません。

2注意事項

(1)免除の申請は貸与期間終了(卒業)後です。
(2)免除を受けている期間は毎年度、要件確認のため書類を提出する必要があります。
(3)一括償還・繰上償還により償還(返済)が終了しても、貸与期間の2倍の期間は要件を満たす必要があります。
(4)免除期間(貸与期間の2倍の期間)中に要件を満たせなくなった場合、免除が中止され、それまでの免除された相当額を返還することになります。
(5)一括償還・繰上償還により償還(返済)が終了しても、要件を満た瀬なくなった場合、それまでの免除された相当額を返還することになります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

学校教育部 学校教育課
電話:0267-62-3478
ファックス:0267-62-7862

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ