このページの先頭です
このページの本文へ移動

千曲川洪水ハザードマップ

更新日:2021年1月6日

洪水ハザードマップ

 市では、市民の皆さまに河川における水害に関する情報を提供し、事前の備えに役立てていただくことを目的に、河川管理者である長野県が作成公表する想定最大規模降雨(1,000年程度に1回の降雨:1年間にその規模を超える洪水が発生する確率が1/1,000程度)に対応した千曲川の浸水想定区域図をもとに、避難場所等の情報を記載した洪水ハザードマップを作成しました。
 日頃から洪水ハザードマップにより、自宅周辺の危険性や避難経路などを確認し、いざというときの備えをお願いいたします。
(注意)
 浸水想定区域図は、河川増水時における浸水を想定したものであり、実際の浸水状況とは異なる場合があります。また、浸水想定区域図が示されていない河川のはん濫や、用排水路などがあふれる内水はん濫などは考慮されていません。
 雨の降り方によっては、浸水を想定していない場所(着色がない場所)でも浸水する可能性があります。

洪水ハザードマップ作成河川

・千曲川(令和2年9月作成)

長野県が管理する河川の想定最大規模降雨に基づく浸水想定区域図を見る

 近年、水害の激甚化などから水防法が改正(平成27年5月)され、県(国)が管理する河川において、想定する最大規模の降雨に対応する浸水想定区域図が作成されました。

佐久市の千曲川浸水想定区域図は、上記リンク内のページ下部「千曲川(令和2年3月10日公表)」をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総務部 危機管理課
電話:0267-62-3008(危機管理係)、0267-64-4119(消防団係)
ファックス:0267-63-1680(危機管理係)、0267-64-4120(消防団係)

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ