このページの先頭です
このページの本文へ移動

令和元年10月1日から軽自動車税が変わりました

更新日:2020年5月25日

税制改正により、令和元年10月1日から新たに「軽自動車税(環境性能割)」が導入されました。この改正に伴い、従来の軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」へと名称が変わりました。
軽自動車税は「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されます。

軽自動車税(環境性能割)

令和元年10月1日から自動車取得税が廃止され、「軽自動車税(環境性能割)」が導入されました。環境性能割は、新車・中古車を問わず、令和元年10月1日以後に取得された三輪以上の軽自動車が課税の対象となります。
税額は車両の取得価格に税率をかけた額で算出されます。ただし、取得価格が50万円以下の場合は課税されません。
なお、環境性能割は市税となりますが、当分の間、長野県が賦課徴収を行います。

軽自動車税(環境性能割)の税率
燃費性能等 税率【自家用】 税率【営業用】

電気自動車
天然ガス軽自動車

非課税

非課税
★★★★かつ令和2年度燃費基準+20%達成車 非課税 非課税

★★★★かつ令和2年度燃費基準+10%達成車

非課税 非課税
★★★★かつ令和2年度燃費基準達成車

1.0%(注釈1)

0.5%
★★★★かつ平成27年度燃費基準+10%達成車

2.0%(注釈1)

1.0%
上記以外

2.0%(注釈1)

2.0%

(備考1)★★★★:平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%低減達成車
(備考2)車検証備考欄に「平成32年度燃費基準」と記載されている場合は、「令和2年度燃費基準」と読み替えてください。
(注釈1)令和3年3月31日までに自家用自動車を取得した場合は、税率が1%軽減されます。

軽自動車税(種別割)

従来の軽自動車税は、令和元年10月1日から「軽自動車税(種別割)」へ名称が変更されました。
税率等に変更はありません。

参考資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総務部 税務課
電話:0267-62-3040
ファックス:0267-64-5761

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ