このページの先頭です
このページの本文へ移動

「新型コロナワクチン接種」「成人式の延期」「ゴールデンウィーク中のイベント」その他(4月21日)

更新日:2021年8月24日

  • アナウンサー

 いよいよ、桜のシーズンですね。

  • 市長

 今朝も散歩をしながら桜を見ました。ソメイヨシノは葉が出る前に花が咲きますが、散り加減になって葉が出てきているのを見て折々にふれての風情があると感じます。今回もTwitterのハッシュタグ「#桜咲く佐久市2021」をやっていて、このハッシュタグを使って多くの投稿をあげてくださっているので、よかったら見ていただきたいと思います。

  • アナウンサー

 ぜひTwitterをチェックしていただきたいと思います。
 それでは最近の話題からいきたいと思います。

  • 市長

 4月4日に、佐久市長選挙、佐久市議会議員選挙が行われまして、結果的に無投票当選となりました。地元の新聞でも無投票について、非常にさまざまな指摘や論評があるところですが、まずは市長選のなかで活発な議論を行うことができませんでした。過去に3度、激しい選挙戦をさせていただきましたが、そのなかで指摘されることに関して、結果的に公約、政策に少しずつ修正を加えていくことができました。これは本当に重要なことで、報道の方や対抗馬の候補者の方からの指摘によって論議や論戦がされ、より軌道修正がされたり、完成度が高い政策になったりします。その作業がなかったので、市民の皆さんのご意見を伺うことがとても大事な部分になってくると思っています。
 市議会議員の皆さんも決定しました。佐久市議会は会派性を取っていますので、会派編成をするときに「この会派は何をする会派なのか」が合意され、会派がスタートしていくことが大事だと思います。「この政策実現をしていこう」とか「この条例をつくるために集まろう」と集まると、議会のなかにおいても大変緊張感が生まれ、議論に深みが出るのではないかと、一市民として議会に対して期待したいです。

  • アナウンサー

 市民の皆さんの声が届く議会であってほしいです。そして市民お一人お一人に配られる議会関連の情報もありますので、ぜひ注目していただきたいと思います。
 さて、続いて本日の話題にいきたいと思います。

  • 市長

 新型コロナウイルスワクチンですが、65歳以上の方にはすでに接種券が郵送されています。この65歳以上の方とは、今年度の3月31日までに65歳になる方です。昭和32年4月1日までに生まれた方に対して、4月13日に発送してありますので、届いていない方がいましたら佐久市健康づくり支援課にお問い合わせください。
 予約開始は段階的に行われますが、80歳以上の方には、ゴールデンウイーク前の4月27日に発送されます。その次に65歳から79歳の方に通知が行きますが、2回目の通知となる予約開始通知が届いたところから予約ができるようになります。通知には電話番号が記載されていますので、最寄りの開業医の先生でも結構ですし、ホテル一萬里さん、プラザ21さんで行われる集団接種どちらでも都合のよい方を選んでいただきたいと思います。

  • アナウンサー

 4月27日の火曜日に発送ということで、80歳以上の方に予約開始の通知が届きます。

  • 市長

 順番は、第一弾が80歳以上、第二弾が65歳から79歳です。今のルールで行くとその次は基礎疾患がある方になります。基礎疾患がある方を市役所ですべて把握しているわけではありませんので、お願いベースになるであろうと思います。腰痛などが基礎疾患というわけではなく、主に気管、ぜん息であるとか、あるいは糖尿病などもありますので、まずはかかりつけ医にご相談いただきたいと思います。
 もう一つ話題になっている副反応について、思いのほか出ているという言い方もできますが、最初に心配されていたアナフィラキシーというかなり重い副反応の報告はとても少ないです。ただし、頭痛が1日程度あったり、発熱・倦怠感があったりするので、その辺を考慮して接種の時期を決めていく、つまり次の日に休めるタイミングで接種することも一つの工夫として指摘されています。

  • アナウンサー

 コロナワクチンについて色々な情報が出てきましたが、参考としていただきたいと思います。

  • 市長

 次の話題です。5月1日、2日に成人式を予定していましたが、来年1月3日に変更となりました。21歳の方は1月3日、そしてもともと来年の1月に成人式を予定されていた方、つまり今年度20歳になる方たちは1月10日に変更となっていますので、記憶にとどめていただきたいと思います。来年の1月になるとワクチンが一定程度打たれている確率が高いので、そこに賭けてみようという話し合いをしました。

  • アナウンサー

 いずれにせよ、成人を迎えられた皆さんも迎えられる皆さんもおめでとうございますという思いを持ちながらですね。

  • 市長

 応援をしたい気持ちもありますし、大人としての気持ちも伝えていきたいと思います。
 そして昨年はほとんどなかったゴールデンウイーク中のイベントですが、今年は少し工夫したやり方を考えようと、バルーンフェスティバル2021を無観客で開催することになりました。通常は千曲川交流広場で駐車場を開放して行いますが、今回は駐車場を開放せず、ご自宅や田んぼ、あるいは虚空蔵山などから、ポイントを工夫して密にならないようにご家族でお楽しみいただきたいと思います。

  • アナウンサー

 バルーンフェスティバルですが、実はFMさくだいらで開会式から中継させていただくことになっています。お聞きのラジオで開会式から9時まで、会場の様子や選手情報などをお伝えしますので、それをお聞きいただきながら空を見ていただきたいと思います。

  • 市長

 それはいいですね。例えば、風の影響などで望月や長土呂の方へバルーンが飛んでいくというケースは少ないですが、そうなると市内にいても馴染みが薄いという方もいらっしゃると思います。ラジオがあることで、開会式で立ち上がった、岸野の方へ行った、野沢の方へ行ったなどの情報をライブで聞くことができれば、少し車で移動してバルーンを追うこともできるかもしれませんので、ぜひ有効に使ってほしいです。

  • アナウンサー

 佐久市のホームページでも、気球の色で選手がわかる情報も掲載されているので、ラジオと一緒に楽しんでいただければと思います。

  • 市長

 このコロナ禍によって工夫することが、今後のスタンダードになる試みかもしれません。

  • アナウンサー

 続いて、佐久鯉まつりはケーブルテレビで放送するということです。

  • 市長

 5月5日に佐久ケーブルテレビ、Youtubeで放映となります。通常は、何百人と赤ちゃんをお連れいただきお札などをお渡していますが、今年は関係者のみでご理解いただきたいと思います。
 一方、4月29日には蓼科スカイラインが開通し、JAXAパラボラアンテナまで行くことができます。美笹深宇宙探査用地上局の54mのパラボラアンテナも、今年の4月に開局しました。本当に嬉しく誇りに感じますが、このパラボラアンテナの性能は世界に誇るものです。それほど数があるわけではなく、北半球と南半球それぞれにあり、北半球ではNASA、スペイン、佐久ということです。南半球へ行くとアルゼンチンとオーストラリアにあり、地球をこの5ポイントでおさえるということで、その一つが佐久市前山の美笹高原にあるということです。

  • アナウンサー

 これは世界五大に入りますね。

  • 市長

 実際にNASAから仕事のオーダーが入るそうです。NASAで打ち上げて北半球・アジア方面に行ったものは、佐久で観測してデータを送ってくださいなどとやり取りするそうです。「美笹」という単語で、世界共通だそうです。54mのパラボラアンテナをぜひ感じていただきたいと思います。

  • アナウンサー

 美笹深宇宙探査用地上局が通常運用開始ということで、世界に誇る佐久市の施設に、家族で行きたいと思います。
 では、最後に一言お願いします。

  • 市長

 佐久は、ゴールデンウイークから本当にいい季節になっていくのですが、残念ながら3回目の緊急事態宣言が決定したようです。東京、大阪、兵庫が対象エリアになりますが、これらの地域との往来に本当に注意していかなければなりません。そして、感染力の強い変異株も出てきていますので、重ね重ねのお願いで恐縮ですが、蔓延防止策をきちんと取っていただくこと、行動に関して十分にご注意いただくことをお願いさせていただきたいと思います。

お問い合わせ

企画部 広報広聴課
電話:0267-62-3075
ファックス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ