このページの先頭です
このページの本文へ移動

「新型コロナワクチン接種」「39STAY2021」その他(5月12日)

更新日:2021年8月24日

  • アナウンサー

 気温が上がって気持ちのよい季節になりました。

  • 市長

 5月半ばのよい季節です。田んぼに水が入りつつあり、早苗が植えられるまでの間、鏡のように美しい風景だと思います。5月15日に、青空レストランという番組で佐久鯉を取り上げていただくことになりましたので、ぜひ市民の皆さんにもご覧いただきたいと思います。

  • アナウンサー

 青空レストランは、宮川大輔さんの番組です。

  • 市長

 市の方にも鯉料理のできるお店や人について少し相談があったようで、有名なお店はたくさんあるのですが、高校時代に金沢市主催の日本料理のコンテストで全国優勝した2人がいらっしゃって、その方たちにご出演いただくことになっているようです。鯉料理を全国発信する非常によい機会であります。
 また、鯉料理は観光客や大勢で集まる冠婚葬祭で使われていたもので、今コロナ禍で大変が状況でもありますので、SNSも含めて情報発信できればと思います。

  • アナウンサー

 長野県の発表もありましたが、落ち着いたら移動してみんなで楽しもうということですので、ぜひ情報を受け取っていただきたいですね。
 では、最近の話題からお願いします。

  • 市長

 東京、大阪、兵庫に緊急事態宣言が出ていましたが、愛知と福岡が追加されました。今月いっぱいは緊急事態宣言になります。佐久圏域も変異株陽性者が増加しており、5月8日現在で36例、全体の12.7%で少し多いです。佐久地域が20万人と考えていただくとだいたい10分の1です。佐久地域は長野県の10%、佐久市は10万人と考えると5%と頭に入れていただくとよいのですが、12.7%で少し多いですのでご注意いただきたいと思います。

  • アナウンサー

 うがい、手洗い、咳エチケットなどできることを今後も徹底することが大事です。
 そして皆さんも関心の高いワクチン接種についてお伺いします。

  • 市長

 ワクチン接種が開始しています。接種券はすでに65歳以上の方に配布済みです。実際に予約を開始しましたが、接種券をなくしてしまったという方が思いのほか多く、65歳以上の方は改めて確認していただきたいと思っています。
 第一弾として80歳以上の方にはすでに配達済みで予約も開始しています。第二弾として65歳から79歳の方へは、5月18日から年代を分けて順次発送する予定です。一度に送ってしまうと予約も一気に始まりますので、例えば、75歳から79歳前の方を5月18日に発送、2日置いて70歳から74歳の方へと分けて送ることで混乱を避けるアイデアであります。予約開始通知が来たら予約をしてください。

  • アナウンサー

 接種券と予約開始通知の2通があって予約ができます。
 受け取る時期をずらす工夫がされているので、受け取ったら早めに予約をした方がいいですか。

  • 市長

 傾向を見ますと午前中に届くとすぐに電話する方が多いので、午前中が混み合うそうです。80歳以上の方のコロナワクチン集団接種が5月23日から始まりますが、プラザ21さんでは1日180人、一萬里さんでは1日に270人打てます。予約をスタートした日は、一萬里さんの1日270人の枠に対して252人の予約、プラザ21さんの1日180人の枠に対して43人と非常に落ち着いていますので、あまり慌てないでやっていただくのがよいと思います。
 5月23日から6月10日までのうちの6日間で集団接種を行うのですが、389人が初日に予約し、そのうちコールセンターが231人、ウェブでのインターネット予約が158人でした。インターネットやスマホでの予約ができない、縁遠いという方もいると思いますが、例えば10人のうち2人でもスマホで予約ができればその人の分だけ電話はつながりやすくなります。インターネット予約は本人のためにもなるし、電話予約をする方のためにもなるので、ぜひインターネット予約をしていただきたいと思います。

  • アナウンサー

 ご家族で一緒に住まわれている方がいれば、協力してもらう方法もありますね。

  • 市長

 佐久市のホームページを見ていただくと、最初の画面に出てきますので、そこから入っていただくと簡単だと思います。そのときは接種券のナンバーが必要になりますので、接種券はお手元に置いて進めてください。電話予約も受けていて、電話番号は88-7466です。
 また、5月12日、13日に集団接種のデモンストレーションを行います。13日にはファイザー社の方が来てやってくださるので、その様子を伺って私もSNSで状況を発信していこうと思っています。5月23日から本番です。集団接種会場の一萬里さんとプラザ21さんでスタートしてまいりますので、報道にも乗ると思いますし、徐々に本格化していきますので、ぜひ皆さんも接種にご協力いただきたいと思います。

  • アナウンサー

 市長の情報にもありましたが、落ち着いて行動すれば間違いなくしっかり受けられますので、対応をお願いします。

  • 市長

 高齢者施設、老人ホームは5月24日から各施設にて進めていきますので、ご家族が施設にいてどうなるかという思いを持っている方もいると思いますが、安心していただきたいと思います。

  • アナウンサー

 そして個別接種は47の医療機関で予約受付中ということです。

  • 市長

 最寄りの先生に打ってもらうという方は、そちらに予約をお願いします。
 話題は変わりまして、5月17日に臨時議会が始まります。これは人事議会と言われますが、私も4期目がスタートして、市議会議員さんも選挙がありまして初めての議会です。このなかで正副議長をはじめ、人事を決めていきます。

  • アナウンサー

 そしてこのような状況のなか、学生の皆さんに光をということで取り組みが始まりますようです。

  • 市長

 このゴールデンウィークは辛抱していただき、帰省は控えてくださいとお願いしてまいりました。そこで、昨年に引き続き「39STAY2021」という事業を行いました。昨年は県外に在住する学生さんが対象者でしたが、今年は枠を広げ、対象を市外として、県内であっても佐久から離れている方がいれば対象になります。
 そして本来であれば5月1日、2日が成人式の予定でしたが、こちらが再延期となってしまったため、今回成人式を行う予定だった方も対象としています。成人式のために空けていたにも関わらず延期になってしまったけれども、外出を控えていただきたいということで、励ましやご協力への御礼を込めて実施することになりました。
 企画課で行っている事業で、申込が5月31日までです。市外に在住する学生さん、年齢制限はないので、一旦社会人になったけれども30歳でまた学生をしているという方も対象です。既に620名の皆さんから応募をいただいています。昨年に引き続き一番人気はお米でして、二番目が麺類、続いて飲料品のジュースなど、皆さんにお使いいただけるように工夫をしているところです。

  • アナウンサー

 ふるさとの味をぜひ楽しんでいただきたいと思います。学生対象で年齢制限はなく、5月31日まで佐久市のLINE公式アカウントからの申込、または郵送による申込もあるということです。

  • 市長

 LINE公式アカウントも佐久市ホームページのトップページから入れます。若い方はスマートフォンを駆使していますよね。LINEも、データが海外に流出しているのではないかと少し話題になったことがありましたが、その点に関してはきちんと確認をして、国にも相談したりLINE本社にも問い合わせをしたりしています。LINEの出澤社長は佐久市ご出身ということもあり、私どもとしては大変応援していきたい思いが強くあります。しかし市民の情報管理は極めて重要な話でして、それが確保できた段階でLINE公式アカウントを活用していますので、安心していただきたいと思います。

  • アナウンサー

 39STAYキャンペーンについての話題でした。
 では最後に、一言お願いします。

  • 市長

 本当によい季節で、制限のある暮らしのなかにありますけれども、自然のなかに入りますと美しいものや季節の変化がわかります。ぜひ自分なりの工夫したストレス解消をいただいて、このよい季節を楽しんでいただきたいと思います。

お問い合わせ

企画部 広報広聴課
電話:0267-62-3075
ファックス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ