このページの先頭です
このページの本文へ移動

近代美術館

更新日:2020年7月5日

近代美術館の概要

佐久市立近代美術館・油井一二記念館は、昭和58年(1983)5月26日、駒場公園の一角に開館しました。
コレクションの母体は、佐久市出身の故・油井一二氏(株式会社美術年鑑社初代社長)が50年余にわたり収集した近現代の日本美術作品約400点で、昭和52年(1977)、この作品群が佐久市に寄贈されたことにより、美術館建設の機運が熟していきました。
開館後も、油井氏をはじめとする多くの作家・所蔵家の方々から作品が寄贈され、現在では約3,400点の作品を所蔵しています。

主な事業

(1)美術品や美術に関する資料を収集・保管・展示すること
(2)美術に関する調査研究を行うこと
(3)美術に関する講演会・講習会や美術公募展等を開催すること
(4)その他、美術館の目的を達成するために必要な事業

開催中の展覧会

現在開催している展覧会は佐久市立近代美術館のページをご覧ください。

利用案内

開館時間

午前10時~午後4時30分

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
展示替え期間ほか臨時に休館することがあります。

観覧料

無料
※特別企画展は有料(展覧会によって金額は異なります)

交通案内

  • JR北陸新幹線佐久平駅からタクシー約10分
  • JR小海線北中込駅から徒歩約15分
  • 上信越自動車道佐久I.Cまたは佐久平スマートI.C(ETC専用)から約15分
  • 中部横断自動車道佐久南I.C(佐久小諸JCT-八千穂高原I.C間無料)から約15分

関連リンク

お問い合わせ

社会教育部 近代美術館
電話:0267-67-1055
ファックス:0267-67-1068

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ