このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

市長の日々是好日(平成30年9月)

更新日:2018年12月10日

9月8日(土曜日):佐久市ホストタウン交流事業オリンピアンや世界大会で活躍するトップアスリートと交流しよう【スケート編】

株式会社富士急ハイランド様にご協力いただき、平昌五輪スケート・スピードスケート女子チームパシュート金メダリストである、佐久長聖高等学校出身の菊池彩花さんとの交流イベントを開催しました。
当日は、トレーニング体験やトークイベント、お楽しみ抽選会を通して講師と132名の小中高生が交流しました。
トークイベントでは、金メダルを生で拝見させていただくと、会場からは大きな歓声が上がるなど、大変盛り上がりに満ちた半日となりました。
佐久市は、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け全市をあげて機運を高めていけるよう様々なイベントを企画してまいります。

9月9日(日曜日):ヒルクライム佐久2018

今年で第4回目となる自転車登坂レース「ヒルクライム佐久2018」を、蓼科スカイラインをコースに開催しました。
当日は全国各地から337人の選手が集まり、洞源湖から蓼科仙境都市までの23キロメートルのフルコースと、旧美笹自然観察園までの7.2キロメートルを駆け抜けていただきました。
今年はゲストライダーとして(株)近藤機械製作所 GOKISO所属の「山の神」と称される森本誠選手にご参加いただき、参加者の方に一流の選手の走りを間近で見て、感じていただきました。

9月15日(土曜日):あの頃青春グラフィティ 信州佐久市SPECCIAL

「東京スカイツリータウン」にある「東京ソラマチ」で、佐久市への移住促進を目的としたFM番組公開生放送・移住セミナーイベントを実施しました。
番組では、パーソナリティの岡野さんとの和やかなやり取りをとおして、佐久市の暮らしやすさや見どころを全国に発信するとともに、佐久市ゆかりのゲストのアランヒルズさんやFM佐久平の前島アナウンサーさんにより、佐久の魅力をPRしました。
このほか、移住を検討されている方を対象としたセミナーの実施や、佐久市に関するアンケート調査、旬の生プルーンを配布し、連休中のスカイツリーやソラマチに来られた多くの皆さんに佐久市をお知らせすることができました。
番組には、全国のリスナーから佐久市にまつわる多くのメッセージが届き、佐久との関わり、思い出、特産など、県外(市外)の方ならではの興味深いご意見等をいただく貴重な機会となりました。

9月19日(水曜日):林カラオケを楽しむ会 義援金贈呈式

「林カラオケを楽しむ会」の代表の林京子様ほか友野辰五郎様、池田肇様、関本功様が大船渡市への義援金335,000円を贈呈するために来庁されました。
「林カラオケを楽しむ会」では、平成27年より毎年「東北復興支援チャリティーコンサート」を開催し、義援金を送る取り組みをされています。
今年は8月19日(日曜)に佐久平交流センターで同コンサートが開催され、私も出席させていただきました。
ご協力に感謝を申し上げるとともに、皆様のご理解とご協力のもと、今後も息の長い取り組みとして支援を続けてまいります。

9月24日(月曜日・祝日):第6回佐久ぴんころウォーク&プルーンで健康フェア

第6回目となる佐久ぴんころウォークが開催され、県内外から267名の参加者が秋の佐久市のウォーキングを楽しみました。今年はプルーンの発祥地である臼田地区において、「龍岡城五稜郭」「新海三社神社」「蕃松院」などの観光名所を巡るコースを設定し、プルーンの食べ放題や甘酒、健康食などの振舞い、健康測定などを行い、臼田の魅力を十分に味わっていただきました。

イベントの様子
イベントの様子

お問い合わせ

総務部 秘書課
電話:0267-62-2111
ファクス:0267-63-1680

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら