このページの先頭です
このページの本文へ移動

農業者に対する新型コロナウイルス感染症に関する支援情報

更新日:2020年10月26日

こちらのページでは、農業者向けの新型コロナウイルス感染症に関する支援情報を掲載しています。

高収益作物次期策支援交付金について 第3回公募が始まりました

新型コロナウイルス感染症の発生により卸売市場での売上げが減少する等、影響を受けた「野菜」・「花き」・「果樹」・「茶」等の高収益作物について、国内外の新たな需要等に対応するため、直接販売や契約販売、輸出に向けて販路の転換又は拡大に取り組む農業者に対して、次期作における資材や機械の導入等の生産活動に対する支援や輸出等の新たな需要確保に向けた新技術の導入、海外の残留農薬基準への対応等の取組に対する支援を行います。

支援対象となる生産者

次の要件を満たす生産者が対象となります。
1.令和2年5月に、花き(全品目)、野菜(サニーレタスやグリーンリーフレタスなどの非結球レタス、たまねぎ、パセリ、みつば、わけぎ、大葉、わさび)、果樹(ブルーベリー、ゆず、かぼす、すだち、びわ)、茶の出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった生産者。または、令和2年2月~4月までの間に野菜・花き・果樹・茶の出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった生産者
2.上記の品目について、令和2年(2月から出荷を終えた月、出荷が終わっていない場合は売上額が確定している直近の月まで)の売上額が、前年の同期間の売上額より減少している生産者
3.収入保険、農業共済等のセーフティーネットに加入している生産者、又は今後、加入を検討する生産者

支援内容

下記のホームページをご覧ください。

佐久市内で耕作を行っている、支援対象となる生産者の方は、令和2年11月10日(火曜日)までに佐久市農業再生協議会(事務局 佐久市役所農政課)までご連絡ください。

経営継続補助金について

新型コロナウイルス感染症の影響を克服するために、感染拡大防止対策を行いつつ、販路回復・開拓や事業継続・転換のための機械・設備の導入や人手不足解消の取組を総合的に支援することによって、地域を支える農林漁業者の経営の継続を図ります。

支援対象となる生産者

農林漁業を営む個人又は法人 ※常時従業員数が20人以下であること

補助対象となる経費

(1)1~3のいずれかを含む経営の継続に関する取組に要する経費【補助率:3/4 補助上限額100万円】
1.国内外の販路の回復・開拓
2.事業の 継続・回復のための生産・販売方式の確立・転換
3.円滑な合意形成の促進等
(注)(1)の経費の1/6以上を「接触機会を減らす生産・販売への転換」又は「感染時の業務継続体制の構築」に充てる必要があります。

(2)感染拡大防止の取組に要する経費【補助率:定額 補助上限額50万円】
詳細は下記のホームページをご覧ください。

本事業を申請するためには、JAや経営相談所で経営計画を作成する必要があります。
JA佐久浅間の各部会に入会されている方は、お近くのJA佐久浅間の営農センターにご相談ください。
各部会に入会していない方は、佐久農業農村支援センター(長野県佐久合同庁舎3階)までご相談ください。

持続化給付金は申請されましたか?

持続化給付金は個人・法人問わず、税務申告をした農業者が対象になります。
詳細は下記のホームページをご覧ください。

国・県による支援事業

佐久市産の農畜水産物の消費拡大に向けた取り組み

新型コロナウイルス感染症の拡大により消費が減少している市内産の農畜水産物の消費拡大を図るため、「野菜」「果樹」「水稲」「水産」の生育状況等の情報を発信しています。ぜひご覧ください。

お問い合わせ

経済部 農政課
電話:0267-62-3203
ファックス:0267-62-2269

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ