このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

19.あいさつキャラクターによる佐久市でのあいさつ運動について

更新日:2015年2月2日

質問者:野沢小学校:関戸 侑子(せきど ゆうこ)さん

 野沢小学校の児童会では、全校の皆さんが笑顔で挨拶ができるようになってほしい、という願いからキャラクターを作りました。毎週月曜日の朝、各クラスへまわり挨拶を広めています。
 そこで市長さんに質問があります。佐久市では、挨拶を広めるためにどんな工夫をしていますか?もしキャラクターがないようならあいさつをテーマに佐久市のキャラクターを作り、挨拶運動をするのはどうでしょうか?楽しく佐久市全体に挨拶が広がると思います。

答弁者:市長

 野沢小学校 関戸侑子さんからの「あいさつキャラクターによる佐久市でのあいさつ運動について」の質問にお答えいたします。
 あいさつは、人と人との関係をつくる第一歩であると思います。また、「おはようございます。」、「行ってきます。」、「いただきます。」などのあいさつは、生活習慣を身に付ける上でも、とても大切なことと考えています。
 このため、関戸さんが通っている「野沢小学校の児童会」によります、あいさつ運動は素晴らしいことだなあと思います。また、そのあいさつ運動の中に、キャラクターを作って、楽しみながら、あいさつ運動に取り組むといった工夫をしていると聞いて、さらに感心しました。
 質問にありました、佐久市でのあいさつ運動ですが、キャラクターをつくるまでは至っておりませんが、市役所の職員は、「おはよう」、「ありがとう」、「しんせつ」、「すみません」の頭文字をとりました「オアシス運動」の中で、あいさつを積極的にすることとしていますが、市全体では、関戸さん達が行っているような、小中学校での運動が、市の運動の中心と考えています。
 皆さんの年代(年頃)で人と人との関係の基本となります、あいさつを身に付けてもらうことで、佐久市全体にあいさつの輪がひろがることと思います。
 皆さんが元気よくあいさつをすれば、必ず相手もあいさつを返してくれるはずです。中には、恥ずかしがり屋の人もいますので、本人はあいさつをしようと思っていても、中々うまくいかないこともあります。そんな時も、相手を責めないで、根気よくあいさつを続けてもらいたいと思います。
 是非、こうした運動を通じて、あいさつができる習慣を、みんなで楽しみながら身に付けていただきたいと思います。

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら